最新のトラックバック
楓の ネギま!ニュース ..
from 楓の箱リロLive対戦日記
ネギま!関連サイト巡回(..
from ネギま!部屋(楊さんのページ..
第69回優駿牝馬(オーク..
from 競馬雑記
お兄ちゃんの無念を晴らす..
from 不定期更新のスポーツニュース
【回顧】オークス・東海S
from 三連単を当ててみたいブログ
2歳女王が樫の舞台で再び..
from いちご一恵の勝ち馬日和
G? オークス 当たりま..
from お地蔵さまの寄り道
【きっどさんのG?反省会..
from しっとう?岩田亜矢那
[36、37連敗]ひなげ..
from 連敗爆進王の競馬放浪記
第69回 優駿牝馬の予想結果
from アミューズエイド
検索
ライフログ
<   2007年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
天皇賞・秋結果
1◎メイショウサムソン
2  アグネスアーク
3  カンパニー
4▲ポップロック
5  コスモバルク



メイショウサムソンは文句のつけようのない走り。
ペースが思いがけず緩まず、それも結果としてプラスに作用しましたが、
内々から落ち着いて競馬を進め、直線ではしっかり馬場の真ん中に持ち出してスパート。
これは内枠の利を活かしたユタカの好騎乗ということでいいのかな。
たとえ後ろがゴチャついてなかったとしても、誰も届かなかったでしょう。
これで休み明けは三戦三連対、芝2000も同じく連を外したことなし。
稍重の馬場にもかかわらず勝ちタイムも1分58秒4ですから恐ろしいですね。
次走はJCでしょうか。そっちは消して妙味かもしれません。

アグネスアークは大暴れしたエイシンデピュティの横にいて、
不利を受けたようにも見えましたが、しっかり伸びてきました。
この馬は今までどうにも掴みきれていませんでしたが、
やっぱりマイラーってことでいいんでしょうね。
「今回2000メートルだぞ馬鹿」とか言われそうですが、
三着に前走マイルで強い競馬をしたカンパニーが入っていますし、
マイル向きのスパッと切れすぎない瞬発力が活きた競馬といえるのでは。
今後も、マイルの大きいところでは要注意だと思います。

カンパニーはやっと東京で馬券圏内に入りました。
血統的にも走法的にも向かないわけがないので、驚きはしません。
むしろ何で今まで走らなかったんだ、という感じですよねw
普通に考えれば、来年の安田はこの馬じゃないでしょうか。
ポップロックはチョロっと差して人気通り。
まあある意味、期待通りの競馬とも言えるのですが、
あの流れではもう少し前についていけないと厳しいですよね。
てか、今思ったんだけどこのレース今年の新潟記念みたいじゃない?w


で、ここからがゴチャついて泣きをみた組。
アドマイヤムーンはさあこれから伸びるぞ、ってとこで寄られて。
外を通ってたんで二着争いに加わっていたかは微妙ですが、
あれがなければ少なくとも掲示板は余裕だったでしょうね。
上がり35秒フラットは明らかに消化不良。
ダイワメジャーもかなり痛かったと思いますが、
この馬の場合、どうしてもう少し前に行けなかったのか、というのが。
結局、枠がもう少しでも内だったら、ということなのでしょう。
鬱憤を晴らすべく、マイルCSで頑張ってほしいです。

チョウサンは道中ついていけなかったのかな?
なんか、よく見るダンスの逆一人旅でしたね。
前に行けるのが強みの馬だと思ってたのですが、よくわからんです。
一応最速上がりは繰り出して面目躍如、ってモーターレースかってのw

あとローゼンクロイツについてですが、まず出遅れが痛かった。
ペースが淀まなかったのも速い時計が出る馬場だったのもプラスでしたが、
あんなチグハグな競馬をしているようでは、さすがにどうにもなりません。
これだけを以って藤岡にケチをつける気はないけど、ヤネ代えてくんないかなー。


馬券はもちろんハズレ。
せめて馬連くらいはとりたかった・・・。
年間投資48,800円、回収40,480円でマイナス8,320円。
回収率は約83パーセントとなりました。



しかしユタカは嬉しいだろうなぁ。

[PR]
by supermanchang | 2007-10-28 17:21 | 競馬 結果
天皇賞・秋
◎ メイショウサムソン
○ アドマイヤムーン
▲ ポップロック
△ ダイワメジャー
   ブライトトゥモロー
   エイシンデピュティ



展開の鍵を握るのはシャドウゲイトということになると思うのですが、
今春の中山記念でローエングリンに振り切られたのを見る限り
意外とハイペース適性がないので、ややゆったり行くのでは。
そうなると、宝塚上位三頭プラスダイワメジャーで仕方ないんじゃないかと。
馬場も回復しても重までかな、と思いますし。

本命はメイショウサムソンにしました。
高速馬場にも対応できますが、やはり後ろを封じ込めるには時計がかかる方がいい。
休み明けも、ハイレベルだった昨年の神戸新聞杯で僅差の二着、
そして春先の大阪杯でも危なげなく快勝と、思いの他得意なようで。
正直、三着を外す可能性はほとんどないんじゃないかと思います。

サムソンを負かすとすればアドマイヤムーンでしょう。
馬場、ペース共に不問で、中距離であればどんな展開でも伸びてきます。
コーナーでゴチャつく中山ならともかく、東京では大崩れはないでしょう。
イメージとしてはオペラオーを大外強襲で破ったアグネスデジタルみたいな感じで、
アタマまで想定しやすいのはこちらか。ほぼ同等の評価です。

ポップロックは今でこそ色んなレースに対応できるようになりましたが、
もともとは時計が速いと厳しいタイプの馬。重は歓迎でしょう。
ペリエも早めに動いてくるでしょうし、大きなポカはないと思います。
ダイワメジャーは最初三番手評価にしようかと思いましたが、
最近は速い時計で押し切る競馬が多いですし、少し割引か。

以下、雨のエプソムCでワンツーしたフレンチ二騎を押さえます。
こいつらの場合、格的にかなり不安だったりしますが。
あと、アグネスアークも悪くなさそう。
前走を見て時計勝負が合っているのか、とも思いましたが、
母系にノーザンダンサーが入っていますし、北海道でも走っているので。
個人的にはマイラーだと思っていますが、マイラーが活躍するレースでもありますし。

チョウサンはまずペースが向かないとみます。
この馬はホントに典型的なダンスではないかと思っていますので。
マツリダゴッホ、シルクネクサスも同じ理由で消し。
てかマツリダもう少し人気になるかと思いましたが、皆わかってるんだなぁ。
ローゼンクロイツは馬場が悪化した時点でかなりの割引。
中京を猛時計で走破してきたスピードが、逆に足を引っ張りそう。
カンパニーは正直ちょっとわからないのですが、
今まで散々凡走してくれた舞台でもありますし、馬券圏内はないと見ます。


馬券は本命対抗を中心にした三連単を買おうかと。
土曜は散々な目にあったので、何とか当てたいものです。



四強で何の問題もないとは思うのですが。

[PR]
by supermanchang | 2007-10-27 17:02 | 競馬 予想
スワンS結果
1  スーパーホーネット
2  フサイチリシャール
3△ドラゴンウェルズ
4  スイープトウショウ
5△ブラックバースピン


どうしてこんな結果になったのか、本気でわかんないんですけど。


一着のスーパーホーネットは、前半ゆったりじゃないと弾けなかった馬。
これを一皮むけたと見るべきか、それともただのロドリゴに成り下がったのか。
無理やり理由をつけるなら、平坦な京都だからこそ、というところでしょうか。
一応、基本は前半ゆったり、直線平坦ならハイペースにも対応化、としようかと。
まあ、これで次走マイルCSでもつかってきたら蹴飛ばしてみようかと。

フサイチリシャールは外枠から労せず好位につけれたのが大きかった。
予想の項でも書きましたが、基本的に内枠向きの馬で、
スムーズに前に行けるのなら本命にしようかと思っていましたが、
結果的に内枠発と同じような競馬ができましたね。
また当然のように凡走を繰り返すでしょうが、
まだまだ力が衰えていないことがわかっただけ収穫。

ドラゴンウェルズは重賞でも問題ないですね。
あまり目立つ競馬ではありませんでしたが、気付くと三着にきていました。
これからも、とりあえず押さえには入れ続けた方がいいかも。

スイープトウショウは、どうしたんだお前、と言いたくなるような正攻法。
高齢でこのペースに無難についていったのには驚きました。
勝負どころで置かれたのは仕方がないでしょうし、
これで次走がまた悩ましくなりました。


アストンマーチャンをはじめとする先行勢は揃って失速。
マーチャンは上手いこと単騎で逃げに持ち込んだと思ったら、
直線であっさりとつかまり、そのまま馬群のなかへ。
次に重い印を打つのは、開幕週の良馬場でしょうか。
マイネルスケルツィもいつもの粘りが見られず、どうしたものか。
マイルCSで人気が下がるのは歓迎ですが、腑に落ちないなぁ。

キングストレイルは内で悪いところを通らされて厳しい競馬でしたが、
一応掲示板まであと一歩というところまではきていますし、悲観する内容ではない。
マイルCSでも淀みないペースになれば少しは楽しめるのでは。


馬券はもちろんハズレ。
ここは荒れるとみて手広く買っていたので、結構痛いですw
年間投資47,300円、回収40,480円でマイナス6,820円。
回収率は約85パーセントとなりました。



しかしこのリシャールを逃したのは痛恨。

[PR]
by supermanchang | 2007-10-27 16:59 | 競馬 結果
スワンS
秋天の前々日オッズでアグネスアークが一番人気って面白いなw
どうせ当日には10倍以上になってると思いますが、誰がどれだけ突っ込んだんだろう。

まあそれはさておき、マイルCSの前哨戦、スワンSの予想をば。
明日は武蔵野Sもありますが、自信ないんでパスです。
ていうかこのブログにアップしたダート戦の予想、殆ど当たったことがないんですよw
このメンバーならワイルドワンダーで固いと思うのですが、さあどうなる。


◎ マイネルスケルツィ
○ キングストレイル
▲ アストンマーチャン
△ ブラックバースピン
   ドラゴンウェルズ
   ペールギュント



内枠に入ったらリシャールを本命にしようと思っていたのですが、
またしても外枠なので、叩き二戦目のマイネルスケルツィを本命にします。
この馬は左回りでなければ安定感のある馬なので、ここも無難に好走するでしょう。
1400も、春先、流れが向いたとはいえ苦手の東京で馬券圏内まであと一歩でしたし。

キングストレイルは、あまりスパッと切れる脚を要求されない流れ向き。
富士Sであれば消して妙味アリですが、さすがにココでは逆らえません。
まあ、その先週の富士Sはやたらとペースが速くなってこの馬向きだったりしましたがw
まさか逆転現象でこっちが遅くなる、なんてことはねーだろーなwww

アストンマーチャンはまず時計の速い京都という時点で黙って買うしか。
何気に京都は昨年のファンタジーS以来丸一年ぶりですが、
あの時の圧勝劇は記憶に新しいところですよね。
ペースは不問で、とにかく気持ちよく行ききれば。

あとはそろそろ人気が落ちそうなペールギュントなんかも。
なかなか不利な条件のレースが続いていますが、
持ち時計も悪くないですし、良馬場であれば直線しっかり伸びてきそう。


馬券は馬連かワイド、気が向いたら三連複も買います。
秋天も楽しみですが、フルゲートのこちらも興味深いレースになるのでは。



しかしスイープトウショウは何故ここに。

[PR]
by supermanchang | 2007-10-26 21:50 | 競馬 予想
ネギうた大賞2007
「鈴きん的。」さんで実施中の「ネギうた大賞2007」に参加してみようかと。
最近あまりにも競馬の記事しか書いてないことに気付いたので、
フォームでも投票できるにもかかわらずあえてココで書いてみます。


詳しくはこちらを。



端的に言ってしまえば、今までに発表されたネギまの歌
全部ひっくるめての人気投票ですね。2007と銘打ってはいますが。
まあその方が考え甲斐がありますし、集計結果や他の方の投票理由を見るのも楽しみ。


以下、僕のランキングです。
特別音楽的素養があるわけではないので、そっちはそこそこに
その曲との出会いであるとか、歌い手さんについてとか、時には脱線してみたりとか、
良く言えば思うがままに、悪く言えば考えなしにgdgdな感じでw


5位 : 雨上がりの天使(09)

最初期の連続リリース群から選ぶならコレかなぁ。
なんつったって作曲がTMNの木根ですからね。木根。
聴いた当初はキャラソンに免疫がなかったので、
クレジット見て目ぇ飛び出るかと思うくらいおったまげました。
それからアニソン、キャラソンを聴く機会が増えて、そのなかで
リンドバーグの面々やら恩ちゃんやら、色々なビッグネームの名前を
見る機会はあったけど、この時ほど衝撃を受けたことはありませんでした。
まあ、後で調べたら椎名へきるにめちゃくちゃ曲提供してたことが発覚したわけですがw

あー、曲について何も書いてませんね。
TMNのエースライターと言えば勿論誰が何と言おうと小室哲哉なわけで、
木根さんの曲なんてタイトル見ても思い出せなかったりしますが、
少なくともシンセサイザーの寵児と言われたTMNらしさは前面には出ていません。
むしろギターの音が印象深い、正統派なスローナンバーに仕上がっています。
個人的にはサビのベースが心地よくて、当時はよく聴いたものです。

しかし最後まで、ネギうたの、というよりは木根の話だったな。


4位 : Go!Go!マイスターズ(54)

iTunes配信組からだったら文句なしでコレ。
別に各群から一曲ずつ、とかいう考えがあるわけではないですけど。

この曲はイントロからサビまで全部好きです。
ちょっと要らないんじゃないかな、と思うような音が潜んでたりもしますが、
インパクト大のイントロやAメロ終盤からBメロに入る流れなど、好みの音のオンパレード。
サビなんて部屋でひとりで聴いてても一瞬で高まってしまいそうになります。
実際プリフェスでも周りとは違う曲聴いてるんじゃないかってくらい盛り上がってしまったしw
ただ、後でDVD観て、何でもう少しでも前の席じゃなかったんだろうという無念が。
あんな可愛らしいステージを間近で観ていたらどうなっていたことやらww

歌っているお三方は卓越した歌唱力を持っているとは言いがたいですが、
不思議と心地よいハーモニーを織り成してくれるんですよね。
いつの日か、この三人が揃って歌っているところを見てみたいものですが。

あと最後に言いたいことがあったんだ。
音源もってないから、この曲がベスト入らなかったのは実に痛い。
ホント、当選確実の『マジカルハピネス☆』に入れてる場合じゃなかったよw


3位 : らぶ☆センセイション(33)

ライブでの超絶神っぷりが喧伝されがちな曲ですが、
それはやっぱり曲自体が素晴らしい出来だからこそなわけで。
笛づかいなど遊び心に溢れた音群のなかにあっても
しっかりと軸として主張するギターサウンドが最高です。
作曲者の横山さんは、作っててホントに楽しかったんじゃないかなぁ、と。
いや、作曲者の心理なんてわかりゃーしないけどさw

そういえばこの曲、リミックスバージョン二種がシングルカットされてるんですよね。
僕はどっちも買わずにニコニコでニ、三度聴いただけなのですが、
やっぱりオリジナルバージョンの方が完成度が高いと思います。
音質が違えば印象も変わるかもしれませんが、特にネギ&明日菜バージョンの
テロテロテロって感じのギター、あんまり好みじゃないんですよね。
藍ぽんの「ウレシ泣キ」もそんな感じの軽ーいギターが軸でちょっとしょんぼりでした。

や、閑話休題。ライブの話でもしましょうか。
プリフェスでの盛り上がりは凄かったですよね。
完全にここから皆スイッチ入ったもんなぁw
振りも可愛くて、いまだにDVDでよく観てます。


2位 : 『マジカルハピネス☆』(34)

イベントで上映されたアニメのEDで初めて聴いた時に鳥肌が立ちました。
ご存知の通り「1000%BOX」に収録されるまでに結構なタイムラグがあり、
さすがに自分の中で美化されている部分もあるだろうと思っていたのですが、
全然そんなことなく、むしろ初めて聴いた時以上に感動してしまいました。

何がそんなに良いかと訊かれても正直上手く答えられないのですが、
とにかく音の質感がこれでもかってくらい好みなんですよ。
リズムの軽快な響きもそうだし、サビの叙情的な音群もそうだし、
もちろん歌メロもそうだし、もうすべてが心地よくてたまりません。
個人的にはラスサビ前の「タッ・タッ・タッ・タッ」って打ち込み、超やばい。
あれだけで酒の肴になります。ていうかこの書き方で伝わるんだろうかw

歌っているのは能登さんなわけですが、
正直、歌唱力という点ではネギま声優の中でもアレな方です。
ただ、声質の大きさ、というか重要性はものすごく実感できますよね。
実際この曲だって、他の人が歌っているのを聴いてみたいとは思いつつも
完全に自分の中で能登ボイスと一体となってしまっているわけで。

ネギまのイベントで一番心残りなのは、
一度たりともこの曲を生で聴く機会を与えられなかったこと。
逆に言えば、それさえ叶えられれば本当に何の未練もないです僕はw


1位 : ハッピー☆マテリアル(24)

ベタでごめんなさいwww

いや、曲だけで言ったら断然マジカルの方が好きなんですよ。
ただね、この曲がなかったら他のネギうたとの出会いもなかったかも知れないし、
一切のイベントに参加していなかったかも知れないんですよ自分の場合。
もともと、この曲が聴きたくて大麻帆良祭に参加したわけですから。
そう考えると、どう転んでもこの曲を1位にせざるを得ないんですよね。
俺も大概ロマンチックな奴だぜ、なんて思いつつもw

元がいいのでどのバージョンも好きですが、
強いて言うならやはりすべての始まり、1月が一番でしょうか。
以前にもどこかで書きましたが、僕はこの曲によって
声優というものの自分なりの楽しみ方を見出しました。
ボーカルの親和性なんかは他のバージョンに劣るかもしれませんが、
個性的な6つの声の生みだすハーモニー、今聴いてもいいなぁ、と。

あとは、やっぱりハピマテといえばライブですよね。
初体験で楽しめるのかという開演前の不安を吹き飛ばしてくれた幕張でのメドレーから
パシフィコでのラストパフォーマンスまで、すべてが最高でした。
「ハッピー☆マテリアル」、ホントにその名に偽りなし、ですわ。


ハイ、予想外に長々と書いてしまったわけですが、いかがでしたでしょうか。
最初木根のことばっかり浮かんできた時にはどうしようかと思いましたが、
全体としてはそこそこ色んなこと詰め込んでまとめることができたのではと思っています。

しかし、ノミネート曲を眺めてて改めて思ったんだけど、いい曲多いよなぁ。
[PR]
by supermanchang | 2007-10-23 01:58 | 魔法先生ネギま!
菊花賞結果
1△アサクサキングス
2○アルナスライン
3◎ロックドゥカンブ
4  エーシンダードマン
5  ドリームジャーニー



いやー、これぞ菊花賞というレースでしたね。
力のある先行馬がせめぎ合う道中、残り800メートルあたりから
徐々に速くなるペース、そして長くいい脚をつかって伸びてくる差し馬。
直線入り口あたりでちょっとゴチャついて審議にはなりましたが、いいレースでした。
てかあれはアサクサから買ってた人はみんな青くなっただろうなw

アサクサキングスは要はこういうレースが合っているんでしょうね。
道中あまり絡まれずにマイペースで先行できて、速い上がりがいらないレース。
今後もコンスタントに好走というのは望めないかもしれませんが、
忘れた頃にパンチの効いた走りを披露してくれそうです。

アルナスラインは流れが向いたとはいえ、大健闘の二着。
アドマイヤベガだからそのうち不調期がくるかもしれませんが、
当面は三歳牡馬トップクラスと位置付けていいと思います。
前走で上がり33秒台の末をつかってはいますが、
基本的にはロングスパート型と見るべきか。

ロックドゥカンブはいい伸び脚でしたが、位置取りがやや後ろでしたかね。
多頭数、そして大舞台での経験に乏しい鞍上ということで
なかなか厳しかったとは思いますが、悔いが残る結果と言っていいかと。
まあ、先のある馬ですし、長い目で見ていきたいところです。

エーシン、ロープレのダンス産駒二頭はここらが限界か。
もう少し前につけれる絶対能力があれば馬券圏内もあったかと思います。
両頭とも、典型的なダンスと見て間違いないでしょうね。
次走条件戦とかで人気になってたら疑ってかかりましょう。


フサイチホウオーは力は出したと思います。
もともとジャンポケなんて菊が向いてるわけがないんだし、悲観する内容ではない。
ドリームジャーニーはマクり不発。あれで最後までもったら怪物。
ていうかユタカはマクるなら先週だよなぁ、とまだぼやいてみる。
ホクトスルタンは逃げたから仕方がないとは思うけど、やはり末が甘い。
全競馬ファンが願っている春天制覇には、かなりのレベルアップが必要でしょう。
サンツェッペリンはあんなもんかなぁ。松岡が吹いた時は気をつけようw

そしてヴィクトリー。
ある程度は覚悟していましたが、折り合いつかなすぎ。
このままではどこで買っていいものか全くわからんよ。
当面はオッズと相談してチョロっと買い目に入れるくらいか。


馬券は馬連が当たりました。
年間投資45,500円、回収40,480円でマイナス5,020円。
回収率は約88パーセントとなりました。



来週も面白くなりそう。

[PR]
by supermanchang | 2007-10-21 17:19 | 競馬 結果
菊花賞
◎ ロックドゥカンブ
○ アルナスライン
▲ ヴィクトリー
△ サンツェッペリン
   アサクサキングス
   ホクトスルタン


うーん、全くわからない。


ツェッペリン、アサクサ、ホクト、それからヴィクトリーといった
先行脚質の有力馬が多くいるレースなので、去年や一昨年のような
上がりが速い競馬にはならないとは読んでいるのですよ。
恐らく残り4ハロンくらいからだんだんと速くなるロンスパ型の流れになるのでは。
まあ言ってしまえば菊花賞のスタンダードな流れですね。

ただ、そんな流れになった時に、このなかで誰が一番強いんだ、と。

とりあえず先行集団はどれがきてもおかしくない。
春のクラシック好走組はもちろん、ホクトスルタンも前走を見る限り
かなり力をつけてきています。遜色ないレベルとみていいでしょう。
逆に言えば、その順位付けが僕には全くできないんです。
ヴィクトリーには格を重視して少し重い印を打ちましたが、
基本的には横一線だろうと考えています。

先行馬以外で長く脚がつかえそうな馬といえば、やはり筆頭はロックドゥカンブ。
重賞二連勝中ですが、ふたつとも切れ味不要のレースでした。
要はそれだけ早めに動いてしぶとく脚をつかって勝ってきた、ということです。
春天のように切れる脚が必要、というなら話は別ですが、
ココであれば今までのように自信を持って乗れば自ずと勝ちは見えてくると思います。

他に良さそうなのはアルナスラインでしょうか。
前走はインティライミなどの一流古馬を相手に堂々の三着。
早めに動いて最後まで粘りきる、といういかにもここを見据えての走りでした。
中一週というのは少し心配ではありますが、好走の確率は高いと見ています。


タスカータ、ヒラボク、マンハッタンあたりの神戸新聞杯惜敗組は
それなりに強いとは思いますが今回は逆転は難しいかな、と思っております。
今回の走りを見て、今後それぞれピンポイントで上手く狙っていきたいところ。
ロープレあたりももう少しパンとしてくればなぁ。

ドリームジャーニーはロンスパ型の競馬になる、と言った手前買えません。
フクキタルが勝った年のような競馬になればこの馬でしょうが。
フサイチホウオーは父でさえあの通りだったのですから、買う理由がない。
10番人気くらいまで落ちたら押さえてみたいとは思いますがw
この馬を次に重視するのは馬場が渋った時でしょうかね。


馬券は一応ロックがアタマの馬単を考えています。
あとはオッズを見て適当に、でしょうか。正直当たる気がしませんw



柴山さんおねあいしゃーす!!

[PR]
by supermanchang | 2007-10-20 17:27 | 競馬 予想
富士S結果
1  マイネルシーガル
2○マイケルバローズ
3△トウショウカレッジ
4◎エアシェイディ
5  グレイトジャーニー



うーん、道中速かったですね。完全に読み違えました。
これだけ前が流れるとエアシェイディはノーチャンス。
その割には着差はわずかなので、やはりこのあたりでは一枚上だとは思うのですが。

逆に勝ったマイネルシーガルは何もかも上手くいきました。
道中は前に行った二頭から少し離れた単独三番手、
これで前が速くなかったら後続に巻き込まれておしまいなわけですが、
11秒台が続く淀みのないペースが助けてくれたかたちですね。
以上のように流れは向いたものの、東京で結果を残したのは好印象。
さすがに相手の揃うマイルCSは厳しいかと思いますが、
将来的には大きなところでも馬券に絡んできそう。

マイケルバローズはカツハルの好騎乗もあると思いますが、
ペース不問でしっかり脚をつかえることを示してくれました。
GⅠとなるといまいちピンときませんが、今後も特に広い競馬場であれば安定株でしょう。
しばらくまとまった休みがないので、体調面に注意は必要ですが。

トウショウ二騎は同じような競馬でしたが、枠の差ですかね。
あと、カレッジの方がややハイペース向きなのかも。
ヴォイスはもう少し緩んだ方がいい脚つかえそう。


シンボリグランは抑えがきかない感じでしたね。
外枠続きでかわいそうというのもありますが、前走いい走りだったのでガッカリ。
まあ、これでマイルCSで人気が下がってくれればしめたものですかね。
ローレルゲレイロは切れないのはわかってるけどあまりにいいとこなし。
せっかく前が流れてくれたのにこの体たらく、スローだったらシンガリ負けじゃない?
当面は雨でも降らなければノーマークでいいと思います。


馬券はもちろんハズレ。
レース見てないで結果だけ見てたらものっそい惜しかったと思うんだろうけどw
年間投資44,000円、回収37,550円でマイナス6,450円。
回収率は約85パーセントとなりました。



マイルCSもムズいよなぁ・・・。

[PR]
by supermanchang | 2007-10-20 16:25 | 競馬 結果
富士S
◎ エアシェイディ
○ マイケルバローズ
▲ コイウタ
△ トウショウカレッジ
   トウショウヴォイス
   アンブロワーズ
   スウィフトカレント



本命は純正サンデーのエアシェイディ
ガツンと行きそうな馬も見当たりませんし、
要は去年と同じようなレースになるんじゃないかという話です。
その去年はこの馬と後の高松宮記念馬スズカフェニックスが
揃って33秒3の末を繰り出して馬券圏内をキープ。
マイルCSに向けていいメンバーが集まりましたが、
まあ去年と同程度と見ていいでしょうし、ここは固いはず。
強い馬がガンと前に行ってペースを崩した時だけが怖いですが、
その危険性があるのはローレルゲレイロくらいですかね。
そのゲレイロにしたって、まだまだ脚質転換を試みるほどの危機感を
陣営はもっていないでしょうし、あまり心配はしていないのですが。

マイケルバローズは前走が出色のパフォーマンス。
開幕週の中山であれだけ走れるんなら東京で押さえないわけにはいきません。
まあその分、上がりの競馬適性が少し落ちてはいないか、という不安もありますが。
先々週、春先に湘南Sで降したチョウサンが同じ地で重賞を勝っていますし、
ここは好走というだけでは満足できないでしょう。

単穴はコイウタ
どのくらい人気するかはわかりませんが、
常に人気の盲点になる馬だけにそのあたりにも期待していますw
前走は厳しい競馬になった割にはそこそこ走っていますし、
庭ともいえる東京マイルだったら、56キロでも突き抜けるかも。

トウショウ二騎とアンブロワーズはいずれもしっかりした末をつかえる馬。
特に期待したいのはトウショウヴォイスでしょうか。
前走はリキシオーが引っ張る淀みのない展開が不向きでしたが、
今回は労せず追走できるでしょうし、好走の確率は高そう。
しっかり好走して、マイルに専念してほしいところです。

悩ましいのがスウィフトカレント。
血統的にはいきなりのマイルも問題なさそう、というかむしろ良さそう。
末はしっかりしているし、全体としても速い時計で走破できる馬。
ただ、こればっかりは走ってみないとわかりませんからね。
ここで掲示板の下の方→高松宮記念で大爆発、というのがいいなぁw


ローレルゲレイロは先に述べた通り切れないので消し。
個人的には積極的にハナに行くのがいいとは思いますが、
目標は先でしょうし、ここは調教代わりと考えるのがいいかも。

同じくマイネルシーガルも東京向きの切れはないと見てます。
前走で時計の問題をクリアしたのには好感が持てますが、
どうせ人気するでしょうし、わざわざ買うことはないと思います。

カタマチボタンも切れないから不要。
というかこの馬、秋華賞つかってれば掲示板くらいはあったんじゃない?
シンボリグランは地力上位も大外がどうか。
また五着くらいが関の山、な気がしますけど。
ピカレスクコートは絶対的に時計が足りてない。
この馬は時計のかかる馬場で以外は全く気にする必要ないと思ってます。


馬券はエアシェイディから馬連でも。
うまいことシーガルあたりに人気が集まってくれると嬉しい。



菊が自信ない分ここで何とか。

[PR]
by supermanchang | 2007-10-19 15:19 | 競馬 予想
秋華賞結果
1◎ダイワスカーレット
2△レインダンス
3○ウオッカ
4▲ベッラレイア
5  ラブカーナ



ダイワスカーレット大楽勝すぎて言うことなし。
逃げ馬の後ろにつけて、道中一息入れて、上がりチョロっといい脚つかって一丁あがり。
もう何から何まですべてがこの馬に向きましたね。

レインダンスラブカーナあたりも流れが向いたクチ。
他の先行馬が沈んだのは単に実力不足というだけで、
普通に力のある馬はこのくらい走りますわな。
今回はレインダンスの方が切れ味を味方に先着しましたが、
この二頭はタイプが違うだけで、大体同じくらいの能力とみていいでしょうね。
今後同じレースを走ることも多いと思いますが、上手く出し入れしたいところ。

ウオッカベッラレイアはものすごい末脚でしたが三、四着まで。
こんな流れになってしまっては仕方がないというのはあるけど、
馬券買ってる側からするともっと積極的に乗って欲しかった。
馬群が一気に詰まったところでもう少し押し上げていれば、と思ってしまいますよね。
特にベッラレイアはあんな外回してちゃ話にならないでしょ。

他は大体同じような脚をつかって道中の位置取り通りになだれ込むかたち。
だから、あんまり今回掲示板に入らなかった馬の序列は気にしなくていいかと。
ローブデコルテ、ピンクカメオあたりはやっぱりマイルの方がいいでしょうね。
クイーンスプマンテはかなり切れる。今後要注意だと思います。
ザレマは逆にとにかく切れない。いい位置にいたので警戒してたのですが。
ただ、大きく負けてはいないので、そこそこ力はあるんだな、と。
ロングスパート型のレースで特注。


馬券はハズレ。二着三着が逆だったら当たってたのですが。
年間投資43,200円、回収37,550円でマイナス5,650円。
回収率は約86パーセントとなりました。



来週頑張ろう。難しそうだけど。

[PR]
by supermanchang | 2007-10-14 16:37 | 競馬 結果
トップ

アニゲ中心のいかんともしがたいブログですが、お暇つぶしにでもなれば。コメント、トラバ歓迎ですー。
by supermanchang
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク&コンタクト
【mixi】

mixi

マイミク申請等お気軽にどうぞー。


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧