最新のトラックバック
楓の ネギま!ニュース ..
from 楓の箱リロLive対戦日記
ネギま!関連サイト巡回(..
from ネギま!部屋(楊さんのページ..
第69回優駿牝馬(オーク..
from 競馬雑記
お兄ちゃんの無念を晴らす..
from 不定期更新のスポーツニュース
【回顧】オークス・東海S
from 三連単を当ててみたいブログ
2歳女王が樫の舞台で再び..
from いちご一恵の勝ち馬日和
G? オークス 当たりま..
from お地蔵さまの寄り道
【きっどさんのG?反省会..
from しっとう?岩田亜矢那
[36、37連敗]ひなげ..
from 連敗爆進王の競馬放浪記
第69回 優駿牝馬の予想結果
from アミューズエイド
検索
ライフログ
<   2007年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
リトルバスターズ! プレイ日記vol.2
【はじめに】

ネタバレありです。
プレイ中の人の気を削がないようできるだけ留意して
書いていこうとは思っていますが、限界があります。
完全に情報をシャットアウトして楽しみたいという方はご注意下さい。
あと、攻略情報などは掲載しておりませんので、その点も併せて。












一発目は葉留佳シナリオ。
このシナリオを選んだのは、単純に明るく楽しそうだったからなんですよ。
まあ、容姿っつーかフォルムが素敵だから、っつーのも否定しないけどさw
このゲームをこれからプレイしていくにあたって、
まずはなるたけライトそうなとこから入ろう、みたいな。

ぶっちゃけて言おう。甘かった。

いや、家族がらみの話だというのは知っていたんですよ。
この手のゲームのシナリオではよくある切り口ですし、正直またか、と思ってました。
それがまさかこんなに重いとは。おにーさんビックリしてしまったよ。


端的に言ってしまえばこのシナリオは、
不幸な境遇にあった葉留佳が様々な苦悩の末、
新たな一歩を踏み出していくという類のものです。
そこに介在するのが双子の姉だったり(ていうかこのシナリオ、葉留佳&佳奈多シナリオつってもいいよな)、家系特有の問題だったりするという点で、「Fate/stay night」の桜シナリオと非常によく似たものだと、個人的にはとらえております。
そんなしがらみを振り切って、あるいは抱えて、前を向いて歩いていこうとする彼女らには
心から祝福をおくりたいと思いますし、とても美しいものだとも思います。


ただ、このシナリオ、「リトルバスターズ!」という作品のなかでどういう位置付けなんだろう。
正直、「CLANNAD」のなかに混じってても違和感がない、
というかその方がしっくりくる気さえします。マジで。
そういう意味で、はじめにやったのがこのシナリオでよかったのか、はかりかねていたり。
まあ、これからプレイしていくなかで自ずと答えは導き出されるでしょうけどね。


…とまあ、今の時点で言えることはこんなもんかな、と。
すっかりただのアホな子だと信じ込んでいただけに、かなり面食らいました。
後半の癇癪起こしっぷりはなかなか見ごたえ、聞きごたえアリです。つーか普通に怖かったw
こいつに限らず、今作かなり声がよさげなんで嬉しいス。



つーか三枝の家、訴えてやりてぇ。

[PR]
by supermanchang | 2007-07-30 23:10 | リトルバスターズ!
リトルバスターズ! プレイ日記vol.1
とりあえず一周してみました。
まだまだ全体としての評価を出すには早すぎる段階ですが、
今の時点での感触は良い。すごく良いです。
以下、ネタバレがない程度に各項目について触れていきます。



【テキスト】

いつものKeyです。ファンは全く心配する必要なし。
逆に言うと、過去プレイしたことない人は、体験版で肌に合うか確かめる必要があるかと。
文章レベル的には問題ないと思うので、あくまで嫌いな文体じゃないか、
そして笑いの方向性が合っているかどうかをチェックすべきかなー。
基本的に間口は広いと思うのですが、世の中には合わない人もいるのでしょう。


【システム】

「CLANNAD」よっかプレイしやすい気がします。
つってもあんまりシステム周りまで覚えていませんがw
とりあえずセーブデータ数やスキップなど基本部分はしっかりしているので、
超快適ぃ、って程ではないにしろストレスなくプレイできるのではないかと。

あと、ミニゲームについてもこの項で。
まあ飛ばすこともできるっぽいのであまり問題ないかと。
とりあえず僕のような野球スキーにはマイナスになることはないでしょうな。


【音楽】

めちゃくちゃ、いや、くちゃくちゃイイ。
新顔も加えて、更なる進化を遂げたといっても過言ではないであろ。
とりあえずサントラは全力で買い決定。やっぱKeyのBGMはすげーなぁ。


【声優】

有名どころが皆無なので想像がつきませんでしたが、文句ねーです。
ぶっちゃけてしまうと最初にクリアしたの葉留佳なんですけど、
クライマックス近辺はものすごい引き込まれてしまいました。
まだあまり声を聞いていないキャラもいますが、このキャストは
お金をケチったとかでは決してなく、名前にとらわれずに選んだ結果なのではなかろうか。
個人的には小毬やクドの声が何ともいえずお気に入り。



えー、とりあえずこんな感じス。
プレイを重ねていくうちにコロコロ評価が変わっていくとは思いますが、
日常のアホくせーやりとりだけでも買って良かったと思わせてくれます。
これからどんな青春の物語が描かれていくのか、楽しみで仕方がないです。
まずは次回、葉留佳シナリオの感想をお楽しみに~♪



葉留佳→クド→美魚→唯湖→小毬→鈴で進めていこうかと。

[PR]
by supermanchang | 2007-07-30 03:37 | リトルバスターズ!
小倉記念結果
1◎サンレイジャスパー
2○ニホンピロキース
3  アラタマサモンズ
4△ニルヴァーナ
5▲ヴィータローザ



うーん、買ってなきゃ当たるっていうのはよくある話だよね、と。
展開とかもほぼ思い通り、アラタマに印つけてなかった以外は完璧だなこりゃ。

というわけで一着は豪脚一閃サンレイジャスパー
やや後ろかなと思ったものの、それがラストの素晴らしい切れにつながりました。
基本的に勝ちきれない馬ですが、ちょっと新境地を見た気分。
新潟記念もあまりハンデがきつくならなければ堅実に走ってきそうですし、
夏の王者争奪戦はこの馬が一歩抜けたかな、と。
まあ、新潟記念に出るのかどうかは知りませんがw

二着以下は先行勢が粘りきるかたち。
予想の項でも書きましたが、昨年よりも頭数が減って
ペースが落ち着くことは目に見えていましたから、妥当な流れでしょう。

ニホンピロキースは意外と自在性のある馬で、
去年と全く位置取りは違いましたが、流れに乗れていたという点では共通。
今後も、ローカルを中心にうるさい走りをみせてくれそうです。
逆に言うと、中央の広いコースでは多少割引していいかな、という感じではありますが。

三着のアラタマサモンズはアラタマインディの弟なんですよね。
前述の通り頭数が少なく楽に行けそうだったので、ここは絶好の買いどころでした。
僕もトリリオンカットさえいなければ印をつけようと思っていましたが。反省。
まあそれはともかくとして、兄と似た感じのいい走りでしたね。
とりあえず来年の小倉でまた注意ということでw

注目のニルヴァーナは四着まで。この血統らしい走りでした。
このメンバー相手にそれなりの結果を残したことで、
ある程度の能力があることが証明されたとみるべきでしょう。
今後、ダート替わりはもちろん、芝でもうまく溜めれるような流れで特注でしょう。
ただ、なかなか人気が下がらなさそうなので、本命にするにはうまみがないかもですが。


ヴィータローザはもう少し壁ができるなど、負荷がかかるレースの方がやっぱり良さそう。
ホッコー、スウィフトの二頭は位置取り的に厳しかったか。
それでもホッコーソレソレーの方はいいところまで詰めてきてますし、やはり力あり。
スウィフトは案外でしたが、これで見限るなんて絶対しちゃ駄目。
今年も秋天あたりでの爆発に期待したいところです。


馬券は買ってなかったので、来週重賞があることですし二歳戦の話でも。
正直あまりチェックしていないのですが、新種牡馬はまずまずなんですかね。
ゴールドアリュール産駒がこんなに勝ち上がる、ってのも面白いなぁしかし。
クリスエスの出足が悪いっぽいですが、大物手が命でしょうから気にすることないかと。
逆にファルブラヴはフェアリーキングらしさがプンプンして期待しづらい。
エリシオもポップロックが出るまでヘルスウォールやシェーンクライトなど
早い時期にまとめて稼ぐタイプの馬が多かったですが、そんな感じになりそう。


【追記】

メイショウカイドウのハンデについて少し。
今回一年ぶりにもかかわらず59.5キロと、とても買えるハンデではなかったですよね。
では、何故ハンデキャッパーはこんなハンデを課したのか。
それは、絶対に楽勝だけはさせられなかったからではないでしょうか。

ご存知のとおりこの馬、今まで居なかったくらいの小倉巧者です。
ハンデキャッパーとしては毎回適正なハンデを課したつもりでも、
あっさりとその上をいかれてしまう。昨年も今年と同じハンデで六着でしたが、
前崩れのなかハンデ差8キロで且つ同じような位置で競馬をしていた
今年の勝ち馬サンレイジャスパーとタイム差なしという強さを感じさせる競馬でした。
ペース次第では勝ちまであったのではないかと思います。

要は、ハンデキャッパーの沽券にかかわる問題。
毎度毎度楽勝されては、適正にハンデをつけていないのではという批判は免れません。
かといって、あまりに重いと買い手の興を削いでしまう。
59.5キロというハンデは、そんななかで設定されたものだと思うんです。
それだけカイドウの力を恐れ、落としどころに苦慮したということだと思うのですが、
結果としてカイドウは全くいいところなく敗れてしまったと。
いやはや難しいものだよなー、と改めて思いましたとさ。



これでニルヴァーナが次走早々にダートつかってきたらそれはそれでイヤだな。

[PR]
by supermanchang | 2007-07-29 16:49 | 競馬 結果
小倉記念
アドマイヤムーン海外いかねーのツマンネ。
僕はこの馬、いま最もヨーロッパの芝に向いている日本馬だと思ってるので。
種牡馬としても、母父サンデーなんてサンデーと同じだろ、って感じなので、
是非ともヨーロッパで頑張って欲しかったなぁ、なんて。
まあ、エンドスウィープ系は大した後継居ないからいいのかもしんないけど。
去年から産駒が走りはじめたスウェプトオーバーなんたらもイマイチパッとしないし、
ていうかぶっちゃけ産駒マイネルサニベルしか知らんぞw


◎ サンレイジャスパー
○ ニホンピロキース
▲ ヴィータローザ
△ スウィフトカレント
   ニルヴァーナ
   ホッコーソレソレー



小倉、時計速いですね。去年並とまではいかなくとも、58秒台前半は出そう。
となると、去年の上位四頭はとても軽視できませんわな。

とはいっても、序列まで同じになるとは思わないわけで。
具体的に言うと、頭数の少ない今年の方が、ペースが落ち着いて先行馬が残るのでは。
というわけで、本命はサンレイジャスパーにしてみました。
今年より軽い斤量ではあったものの、時計勝負でも引けをとらないことは
去年のこのレース、そして新潟記念で実証済み。
頭数が少ないのも、自在性のあるこの馬にとってはプラスでしょう。
使い詰めなのが気になるといえば気になりますが、夏に強い馬ですしね。

そしてもう一頭、去年よりチャンスではないかと思うのがニホンピロキース
今年に入ってから、重賞戦線でも地味に頑張っていますし、力をつけてると思います。
小回りでこその馬ですし、ここは絶好のチャンスではないかと。
とか言いつつ、勝ちきるビジョンまでは浮かんでこないのですがw

そしてヴィータ、スウィフトの差し馬二騎は、去年より厳しい戦いになりそう。
まあ端的に言ってしまうと、余裕こいて脚余しちゃうんじゃないかなー、なんて。
もちろん鞍上が積極策に出てくるかもしれませんし、重視することには変わりないのですが。

その他で面白そうなのが、ニルヴァーナ。
正直一番人気ってのはどうなの、と思うのですが、53キロは魅力的だよなぁ。
母父ヌレイエフで、小回りで一瞬の脚を活かす競馬はいかにも得意そう。
これまでと一味違った走りを見せてくれたとしても、僕はあんまり驚かないかな。


基本的に平均ペースを思い描いて予想をしていますが、
トリリオンカットなんかが突っかけていくと、ハイペースになるかもしれません。
その場合はアップドラフトなんかが面白いのかなー、なんて。
逆に思いがけないほどスローだったりすると、ソリッドあたりが怖い。
まあ、あんまりおかしな展開にならないことを祈ってw


馬券はジャパンネットに入金してくるの忘れたんで買わないと思います。
買うとしたらサンレイジャスパーから馬連とかかなー。
あと、本命対抗ともにイマイチ君なので、こいつらを二、三着につけるのも面白いかも。



ニルヴァーナは血統的に先々楽しめそう。色んな局面で。

[PR]
by supermanchang | 2007-07-28 16:48 | 競馬 予想
函館記念結果
1▲エリモハリアー
2△ロフティーエイム
3△サクラメガワンダー
4  アドマイヤフジ
5  マイソールサウンド



~昨日の予想記事より。

「二連覇中のエリモハリアーは単勝20倍台。これはオイシイw」

だったら何故単勝を買っておかないorz


ハイ、というわけでエリモハリアーが見事三連覇達成。
さすがに前走負けすぎでは、という馬券師たちを黙らせた格好ですね。
前走は函館にしては時計が速く太刀打ちできませんでしたが、
実はちゃんと自分の時計では走っていたんですよね。

二着も函館の芝が向いた感じのロフティーエイム
しかしここ最近の牝馬の充実ぶりは凄いですね。
この馬は特に夏向きという印象を受けますし、また北海道で狙えるのでは。
札幌は時計が速くなるようだと厳しいですけど、来年の函館とかさw

メガワンは最速上がりではあるものの、印象の薄い三着。
今回はもう少し前で競馬をするのかな、と思ったんですけどね。
自在性があるといえば聞こえはいいけど、もう一皮むけないものか。

アドマイヤフジは後方からでは不利とみてか先行。
この判断自体は間違いではないと思いますし、ハンデがなければといったところか。
何にせよ、復調してきてるのは間違いなさそうですね。
もしかしたら夏の間に重賞のひとつくらい勝ってしまうかも。


問題はマイ本命&対抗。
ていうか秋山、なにやってんの!?
内を突きたい気持ちはわかるけど、ああなってしまってはオシマイだろ。
手ごたえ的にロスが許されないとかはあったかもしれないけど、
あんな乗り方してるようでは馬券買ってる側としてはとても信頼置けねぇ。
そしてマチカネキララ。本当に失望した。
とりあえず今後の方策としては、小回りでは全消しでいいかと。
広い競馬場で思い切った競馬をしてきそうな時に押さえるくらいかなぁ。
※ちょい修正。要はペース次第だと思うんですよ。スロー見え見えだったら押さえて損なし。


馬券は当然ハズレ。ナムラが二着にでもきてくれていれば…。
年間投資28,600円、回収26,270円でマイナス2,330円。
回収率は約92パーセントとなりました。



ナムラマースはこうしてマイネルレコルト化していくのか・・・。

[PR]
by supermanchang | 2007-07-22 16:18 | 競馬 結果
函館記念
今日はプロ野球のオールスターでしたね。
ウチはフルキャストスタジアムから歩いて10分くらいなんですけど、
こんな雨のなか大変だなーとか思いながら土曜競馬を見てましたw


◎ ナムラマース
○ マチカネキララ
▲ エリモハリアー
△ サクラメガワンダー
   シルクネクサス
   ロフティーエイム



函館記念は巴賞との出し入れ、というのは昔から言われていることですよね。
近年は微妙に連続好走も多かったりしてなんだかなぁという感じですが、
そんな時こそ原点回帰。やっと人気が下がったマチカネキララを狙いたいな、と。
1800よりはペースが落ち着きやすいでしょうし、頭数も少ないのも良いかと。

とか言いつつ本命はナムラマースの方に。
去年も北海道開催で大活躍。札幌の方で三連勝してますが、
小さい馬なので、本質的には函館の方がより向いていると思います。
クラシックでは実力を発揮し切れなかった感がありますが、仕切り直しといきたいですね。
ていうか、今でもダービーは上手く乗ってれば着あったと思ってます。

二連覇中のエリモハリアーは単勝20倍台。これはオイシイw
正直人気であれば積極的に買いたい馬ではないですが、
メイショウオウテより人気がないってのは酷い。
臨戦過程が嫌われて、ということだと思うのですが、それにしたってねぇ。

アドマイヤフジの前走は展開利。小回りはどう考えてもマイナス。
サクラメガワンダーはいいと思うんだけど、全幅の信頼はとても置けない。
シルクネクサスは1800ベスト。もっと人気かぶってくれたらよかったのにw

少ーしだけ不気味なのがロフティーエイムとマイソールサウンド。
前者は持ち時計に限界があるので、洋芝は向くはず。夏は牝馬。
後者は久しぶりの56キロ。京都記念などでも僅差の競馬をしているだけに。


馬券は二頭軸三連複と、余裕があればキララ三着付け。
例によって明日ミクシィの日記にて公開しようかと。



しかしマースは秋どこに向かうんだろう?

[PR]
by supermanchang | 2007-07-21 16:46 | 競馬 予想
アイビスサマーダッシュ結果
1  サンアディユ
2◎ナカヤマパラダイス
3△クーヴェルチュール
4○アイルラヴァゲイン
5△サチノスイーティー



来年から牝馬は全部買います。以上。



上手いことまとまったので収支は来週まとめて。しかし初芝って。

[PR]
by supermanchang | 2007-07-15 23:59 | 競馬 結果
アイビスサマーダッシュ
ここ最近トラバを受け付けることができない状態が続いていましたが、
ようやく今週から受け付け可能になったようです。
ブロガーの皆様、よろしければまたトラックバックしてやったくださいましー。
もちろんコメントも大歓迎ですよー。


◎ ナカヤマパラダイス
○ アイルラヴァゲイン
▲ モンローブロンド
△ サチノスイーティー
   クーヴェルチュール
   シルヴァーゼット
   ジョイフルハート


新潟1000メートル、超苦手です。

こんなの何がきてもおかしくねーよ、っていつも思ってますよw
もうめんどくせーから例年通り牝馬中心に買おうかとも思いましたが、
今年は何気にメンバー揃ってますよね。ハァ。
もし今年も牝馬が上位を独占するようだったら
来年からはためらわずに牝馬ばっかり買います。

本命はザン降りになって馬場が渋ればという条件付ですがナカヤマパラダイス
テンが速いというのは明らかにプラスですし、枠もいいところを引いた。
持ち時計がないので開幕週の良だと不安だな、と思っていただけに
雨が降って時計がかかるのは嬉しい限り。
アンバージャックにかわってパラクリ短距離馬のエースとなれるか!?

対抗にはアイルラヴァゲイン。だって強いもん。
普通に走ればまずこの馬が勝つと思います。
ただ、これまで散々人気馬がわけわからんコケ方してきたレースですからねぇ。
別に今回の勝ち負けがこの馬の将来に影響することはないと思うのですが、
大きなところを狙える馬ですし、ここはきっちり好走してほしいところ。

以下、セオリー通りに牝馬が中心なわけですが、
個人的に面白いと思っているのがモンローブロンド
この馬さ、絶対夏馬でしょ。去年の小倉での連続好走は記憶に新しいところ。
今回は休み明け、それに馬場がちと不安で評価を下げましたが、
良馬場であれば本命にしたいくらいです。サチノスイーティーとは力差ないと思うんだけどなぁ。

クーヴェルチュールは怖い怖い三歳牝馬。
この馬がくる、というのがアイビスSD的には一番正しい気がしますが如何に。


馬券は自信がないのでナカヤマとアイルからの馬連でも買おうかな、と。
例によって買い目は明日ミクシィの日記にて。
五月くらいから非常に調子がよいので、よろしければ参考にしてやってくださいな。



ナカヤマとアイル両方コケたらホントにえらいことだと思う。

[PR]
by supermanchang | 2007-07-14 16:36 | 競馬 予想
七夕賞結果
1▲サンバレンティン
2  アドマイヤモナーク
3  ユメノシルシ
4△ヴィータローザ
5△ニホンピロキース


何故フォルテベリーニが伸びなかったのか、それが不思議でならない。


確かにペースが思ったより速くならず、外を回った馬たちにはうまみがなかった。
アドマイヤモナークは上手く外に持ち出してロスなく末脚を繰り出すことができたけど、
他の上位馬は比較的内側で競馬をすることに成功した馬たちでした。
馬番をみてもそれは明らか。全馬5枠より内なんですよね。
もっとハイペースだったら外を回る馬にもチャンスはあったのでしょうが。

それでも、それにしたって、負けすぎだと思うんだよなぁ。


さて、グチはこれくらいにして、勝ったサンバレンティンについて。
後藤の好騎乗ももちろん勝因のひとつではあると思いますが、
やはり一番の勝因は、この馬自身の資質でしょう。
スペシャルウィークだけに頼りない感じもありますが、
基本的にローカルで時計のかかる馬場だったら黙って買っておいた方が良さそう。

アドマイヤモナークはペースがそれほどでもなくて
追走で脚をつかわずに済んだ、というのが大きいかと。
要はペース次第の馬なので、今後も悩ましいです。
基本的には人気があれば疑い、人気がなければ押さえる、でいいとは思いますが。

アップドラフトは次走要注。
直線に向いたあたりでの走りは素晴らしかった。
時計がもう少し速い馬場の方が向いていそうですし、
一年ぶりのレースで、しかも重賞でこれだけの走りができるのは凄い。
次走は自己条件かもしれませんが、軽くパスしてまた重賞に出てきて欲しいものです。


馬券はもちろん大ハズレ。二千円分も買ったのに・・・。
年間投資26,600円、回収26,270円でマイナス330円。
回収率は約99パーセントとなりました。



金輪際フォルテベリーニには本命は打たない。

[PR]
by supermanchang | 2007-07-08 16:20 | 競馬 結果
七夕賞
【はじめに】

相変わらずエキサイトブログの不具合のためトラバの受付ができません。
かわりにコメントなど残していっていただけると凄く嬉しいです。


◎ フォルテベリーニ
○ アクレイム
▲ サンバレンティン
△ アップドラフト
   ヴィータローザ
   ニホンピロキース



ニ連続開催がなくなって以来、あまり馬場が荒れなくなった福島ですが、
今開催は久しぶりにいい感じに馬場が痛んでいるようです。
連日の雨によるものなのでしょうが、まあたまにはいいですよね。
明日の最終は、久しぶりに外の追い込み馬なんかが熱いかも。

で、七夕賞。本命はフォルテベリーニとしました。
前走をみてもわかるように、基本的には時計勝負が苦手な馬。
今の時計がかかる馬場は大歓迎でしょう。
昨年の福島記念でも連対していますし、一番固いのはこの馬か。

他は人気馬が地力の差できてもおかしくないですし、
人気薄の馬が展開の利を活かして突っ込んできてもおかしくない。
だったら人気薄で遊んでみたくなるのが人情というものでしょう(ぇ
というわけで凄く面白いと思うのがアクレイム
ペースはストーミーカフェがいるのでそれなりに速くなると思いますし、
トリリオンカットやユメノシルシあたりも前々で競馬をするはず。
他にも先行しそうな馬がちょこちょこ居て、厳しいレースになりそう。
そんな展開で何がくるかと言われれば、そりゃあ外の差し馬ですよね。
過去の外枠追い込み馬の系譜を継げるかどうか、注目したいところです。


ユメノシルシは怖いことは怖いですけど、一応消しということで。
開幕直後に好時計で快勝→開催後半の重賞という流れは
先週のクランエンブレムと同じですよね。
この馬も基本的にはフジキセキらしく軽い馬場の方が合うと思います。
あと、フジキセキは2000よりは1800というイメージですよね。その意味でも。


馬券はフォルテベリーニ一頭軸の三連複というのが一番手堅い気がしますが、
どうにも勝ちきれそうなイメージが浮かんでこないので二着付けとかもいいかも。
買い目は明日のお昼頃にでもミクシィの日記にてアップします。
興味のある人は覗いてみてくださいましー。



プロキオンSはリミットでいいと思うんだけど・・・。

[PR]
by supermanchang | 2007-07-07 19:09 | 競馬 予想
トップ

アニゲ中心のいかんともしがたいブログですが、お暇つぶしにでもなれば。コメント、トラバ歓迎ですー。
by supermanchang
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク&コンタクト
【mixi】

mixi

マイミク申請等お気軽にどうぞー。


人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧