最新のトラックバック
楓の ネギま!ニュース ..
from 楓の箱リロLive対戦日記
ネギま!関連サイト巡回(..
from ネギま!部屋(楊さんのページ..
第69回優駿牝馬(オーク..
from 競馬雑記
お兄ちゃんの無念を晴らす..
from 不定期更新のスポーツニュース
【回顧】オークス・東海S
from 三連単を当ててみたいブログ
2歳女王が樫の舞台で再び..
from いちご一恵の勝ち馬日和
G? オークス 当たりま..
from お地蔵さまの寄り道
【きっどさんのG?反省会..
from しっとう?岩田亜矢那
[36、37連敗]ひなげ..
from 連敗爆進王の競馬放浪記
第69回 優駿牝馬の予想結果
from アミューズエイド
検索
ライフログ
<   2006年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧
私的アニソンゲーソンランキング2006
本当は邦楽洋楽ランキングなんかもやるべきなんだろうけど、
今年は例年以上にフツーの音楽を聴かなかったもので。
ちゃんと聴いたのは、レッチリやクラウドベリージャムの新譜くらい。
トム・ヨークやマンドゥディアオの新譜くらいはそのうち聴いておきたいとは思っていますが。
邦楽は更に壊滅的。大好きな天野月子のベストすら買っていないという。
ボニーピンクが今更プチブレイクしたというのがちと嬉しかったりしますが。

そんなわけで、それらの音楽よりも遥かに沢山聴いた
アニソンゲーソンの私的ランキングでございます。カウントダウン形式でご覧あれ。



10位:schwarzweiβ ~霧の向こうに繋がる世界~/霜月はるか
(「グランファンタズム」OPテーマ)


壮大なスケール、幻想的なメロディはまさにSoundHorizonのそれ。
霜月はるかのクセのない声と妙にマッチしている印象を受けました。
ただし、ゲームは未プレイ。残念。


9位:ハレ晴レユカイ/平野綾 & 茅原実里 & 後藤邑子(「涼宮ハルヒの憂鬱」EDテーマ)

今回このランキングに登場した曲のなかでは文句なく一番有名ですよね。
その知名度、売り上げに劣らず、いい曲だと思います。
しかしヘイヘイの年間ランキングに登場した時は驚いた。


8位:Help!Heaven!/U(「めがちゅ!」OPテーマ)

これもゲームやってねぇorz
まあ、しょうもないゲームだろうってーのはやらなくてもわかるけど(失礼

脳が腐りそうになるUさんのメローボイスもさることながら、
デジタルテクノをベースにした総合的なセンスの良さが光る。
ただの電波曲と侮るなかれと声を大にして言いたい名曲ですにょw


7位:dissonant chord/NANA(「PRINNCESS WALTZ」OPテーマ)

上松さんの真骨頂である美しいストリングスが
効果的にちりばめられつつも、サビではそのストリングスが
抑えられ、ベースやリズム、それに鐘の音の主張が強くなって
勇壮な雰囲気を演出してくれています。

ゲームはスルーしたんだけど、今からでもやるべきか…。


6位:Goodbye Dear/KOTOKO(アルバム「UZU-MAKI」収録)

やばい、泣きそうだ。

そんな曲。


5位:Lost my music/平野綾(「涼宮ハルヒの憂鬱」劇中歌)

ものすげー速弾きギターが印象的ですが、
そのわりにはポップな仕上がりでいい感じです。
「God knows...」よりは断然こっちが好き。

ちなみの劇中でこの曲やったバンドの名前が
「ENOZ」っつーんですけど、間違いなくZONEを意識してるよね。
問題は明らかにZONEより演奏が上手いことだw 


4位:童話迷宮/田村ゆかり(「おとぎ銃士 赤ずきん」OPテーマ)

ファンといえるほどCD買ったりしてるわけではないのですが、
ときメモ2とかやまとなでしこあたりから入ったから、結構長いです。

その中でも、「Little Wish」と双璧をなすほどの名曲ではないかと。
独特の色気や可愛らしさを含む彼女の声にめっさマッチしてます。
再びゆかりんに傾倒してしまうのかと、ちと恐ろしくなった覚えがありますw


3位:コイスル★フローライト/Akira(「ななついろドロップス」OPテーマ)

笑けてくるくらい綺麗な曲。
こんな曲がエロゲの主題歌でいいのか、と思うほどに。
来年コンシューマ化されるらしいので、多くの人に聴いてほしいです。

それで主題歌差し替えとかになってたらどうしてくれようか。


2位:Get Back/Aice⁵(ノンタイアップシングル)

なんかライブで超絶盛り上がるらしい。納得。
叙情性溢れるメロディと可憐な疾走感が魅力的です。
あと、歌っている5人がそれぞれ個性的なので、
何度もリピートして色んな角度から楽しみたくなるという中毒性があります。

来年は全国ツアーやってくんないかなー。
仙台に来てくれないなら何の意味もないけどw


1位:宇宙で恋は☆るるんルーン/ルーンエンジェル隊
(「ギャラクシーエンジェる~ん」OPテーマ)


Bメロ後半から一気に加速してサビに突入する感じが素敵すぎる。
そのサビも、音のバランスが絶妙でこれまた素晴らしい出来。
5人で歌っているのにソロパートがない、というのも
曲全体の完成度を引き上げているように感じられます。

惜しむらくは低音がちとショボイ点。
高音向けのヘッドホン使ってるから余計にそう感じるのかも知れませんが。
ベース生録りバージョンの再販超熱望!



・・・いかがでしたか?
要はアップテンポが好きなんですよ、僕は。
なのでボルシェビキなアニヲタのランキングとはまた違った感じになったのではないかと。



どうかと思った人もソレはソレ。押せ(ぇ

[PR]
by supermanchang | 2006-12-28 16:24 | 雑記
中山競馬場 '06.12.24
有馬記念の日、朝から中山競馬場に居ました。
天気は快晴、いいレースが期待できそうだ!!

e0058207_1644679.jpg

といいつつなんでこんな雲の多い写真をチョイスしたんだ。
まあ、ペンキで塗りたくったような雲がステキやん、ってことでひとつw

そしてこちらが同時刻のスタンド。

e0058207_1663557.jpg

人、多っ!
さすがは有馬記念、みんなイレ込んでますなぁ。


お昼過ぎに注目のホープフルS。
例年あまり有力馬が出てこないレースなのですが、
なぜか今年は評判馬が大挙出走してきました。
有馬までパドックに張りついて写真を撮っていてはレースが見れないので、
その分未来のスターホース候補生たちをパシャパシャ撮ってみました。

まずはセイウンスカイの代表産駒(笑)、ニシノプライド

e0058207_16105231.jpg

厩務員さんと一緒にウ○コを凝視しているようにしか見えない(最低

続いて地方の星、というか我が故郷青森産馬の星、インパーフェクト

e0058207_16155514.jpg

目指せケイワンバイキング以来の重賞制覇!(違うかもw
肌がアイシーグルームというのが青森産らしくていいぞ!!

ひと目見た瞬間好きになってしまった好馬体の持ち主、クルサード

e0058207_16174012.jpg

凄く綺麗な馬。頑張れ!

ご存知ディープインパクトの弟、ニュービギニング

e0058207_16192269.jpg

豪快な追い込み勝ちを決めましたが、
前が崩れての結果だけに、真価は次走といったところでしょうか。

そして大外、早くも菊花賞馬候補と言われているブラックオリーブ

e0058207_16232193.jpg

とは言ったものの、僕はあんまりスペシャルウィーク産駒が
好きではない、というかよくわからない。うーむ。


この6レースが終わった時点でガサが入り、
大体それぞれの観客の有馬記念観戦スポットが決定したかな、という感じ。

僕はこの辺に陣取っていました。有馬スタートまで一歩も動けなくてきつかった。

e0058207_1627144.jpg

写っているのは7レースで一番人気だったピサノパテック
アタマで買うと二着、三連複の軸にすると四着という、
恐らく僕のことが嫌いなんだろうな、ということが容易に推察できる奴ですw
今回もヒモは拾えていたのになぁ・・・。


このあたりでちょっと雲が多くなってきました。
秋競馬のフィナーレということで、こんな雲が。

e0058207_16302338.jpg

これってヒツジ雲っていうんでしたっけ(調べろ


で、いよいよ有馬記念。
返し馬の撮影を試みるもさっぱり。馬速ぇw

e0058207_16322182.jpg

ブレたけど何とか全身を収めることができたドリパスたん。
もっと高性能のデジカメが欲しいと思った午後でした。

有馬記念の感想はこちら
残念ながら引退式を見ることなく帰路についてしまいましたが、
ディープのラストランをこの目で見ることができて本当に良かったです。



ニュービギニングの走りに感動した人はとりあえず春を待て!

[PR]
by supermanchang | 2006-12-25 16:38 | 競馬 結果
有馬記念結果
1◎ディープインパクト
2△ポップロック
3  ダイワメジャー
4△ドリームパスポート
5○メイショウサムソン



いい走りでしたね、ディープインパクト
四角でメインの脚が怪しくなって前の流れが落ち着いてしまい、
スムーズに差をつめることができたのが最大の勝因ではないでしょうか。
他の馬が内で叩き合う中、一頭だけ別のレースを走っているようでした。
この日の中山芝は、新馬や有馬と同距離の条件戦等で内を突いた馬が来ていたので、
レース直前はサムソンかドリパスが早目に抜け出してディープを抑えて
粘りきるイメージが消えなかったのですが、全くの杞憂でしたね。
確かに外は綺麗でしたが、その外を回してあんなに楽に差しきれること自体が
能力の証明だと思います。

頑張ったのはポップロック
絶好の枠番、絶好の位置取り、そして絶好の仕掛け。
ペリエの好騎乗も大きかったとは思いますが、馬自体が完成してきた印象を受けました。
面子と展開次第では、来年の宝塚や有馬あたりで戴冠してもおかしくないかも。

驚いたのはダイワメジャーの好走。
予想通りに先行したい馬がひしめきあったその中で見せ場たっぷりの三着。
ロス無く競馬ができたし、逃げ馬に離されて実質スローペースで行けたとはいえ、
こうも簡単に中山の2500メートルで結果を残すとは。
このままいけば来年は本当に手のつけられない馬になる気がします。

ドリームパスポートは四着まで。
まあ、ほとんど三着みたいなものですけど。
四角から直線の入り口まででちょっとゴチャついたのが響きましたかね。
勝負どころでもスムーズに走れていませんでしたし。
それでも来年に期待を抱かせるには充分な走りだったと思います。
来年は基本的にはこの馬に逆らわずに買っていくのが無難かw

メイショウサムソンは少なくない失望を残して五着。
位置取りも悪くなかったですし、ほぼ思惑通りの競馬ができたと思います。
それでも直線はフラフラ、審議の対象にまでなってしまいました。
このまま早熟の二冠馬として終わってしまったりして・・・。
ドリパスともども、リフレッシュしてまたいい走りを見せてほしいです。


馬券は三連単だけ買って、残念ながら外してしまいました。
(予想記事で書いたとおりポップロック三着固定で)
まあ、ディープ外して買って当たるよりは、ちょっとくらい損しても勝ってくれた方が!

・・・ごめん、かなり嘘www


【追記】
ホープフルS出走馬の写真が中心の現地レポはこちら



ディープの走りに感動した人は押すしかない!

[PR]
by supermanchang | 2006-12-25 00:08 | 競馬 結果
有馬記念
2006年のフィナーレ、そしてディープインパクトのラストランとなる第51回有馬記念。
大観衆の期待を裏切ることなく、稀代の英雄がターフを舞うのでしょうか。
それとも、水を打ったような静けさの中、新たな時代の旗手が産声をあげるのでしょうか。
すべては明後日、オレンジ色に染まった決戦の地で―。

・・・いかん、明後日だと何だか締まらないw
明日は移動日(仙台から鈍行orz)なので、今日のうちに予想を掲載しておきます。


◎ ディープインパクト
○ メイショウサムソン
△ ドリームパスポート
   ポップロック
   コスモバルク



迷いましたが、結局それかよという感じでディープインパクト
確かに適性は高くありません。それは去年証明されたことでもあります。
それでもやっぱり勝っちゃうんじゃないかなー、と現時点では思ってます。

まあ、半分以上は願望であることは否定しません。
・・・凱旋門賞の時も同じようなこと書いたなぁ。不吉だw


対抗はメイショウサムソン
本来ならば本命にしたいところでありますが、
気にかかるのはやはりジャパンカップの走り。あまりにもだらしなかった。
さすがに石橋騎手ももう少し積極的な競馬を試みるでしょうし、
それであったら本命にしたいところなのですが、うーん。

短い直線、急な坂。
これで万が一ドリパスに負けるようなことがあれば、完全に形勢逆転でしょう。
今回一番結果を出さなくてはマズい馬は、実はディープではなくこの馬です。


以下、ポップロック、ドリームパスポート、コスモバルクをチョイス。

ポップロックは最内を引いて、ロス無く先行できそう。
隣が同厩だけに包まれることもなさそうですし(というかそう信じたいw)、
一発穴を開けるとすれば、やはりこういうタイプではないかと。

ドリームパスポートは今秋から好位で競馬をして結果を出しています。
今回も同じような走りができれば、かなり肉迫できるのではないでしょうか。
この条件で安定した走りができるのならば、もうケチのつけようがないですw
今年の牡馬クラシックはこいつのせいで全てが狂いましたから、最後くらい・・・ね。

コスモバルクも前で競馬をするでしょう。
最近はかなり安定して走れるようになってきていますし、
今なら馬券圏内も十分に狙えると思います。


あと、切った馬についても少し。

ダイワメジャーは距離がもつわけないと思ってます。
まだ菊花賞の方がマシじゃない? みたいなw
スイープトウショウは、ディープが怪しい、とかって話になってるのに来るわけない。
デルタブルースは中山ダメなのかも。
ていうか、去年向きそうだと思って買ったらサッパリだったのを根にもってるだけ?w
アドマイヤメインはこのローテで来たら神。


馬券は明日の結果を見てからゆっくり考えます。
ポップロック三着付けとか面白くない?
まあ何にせよ、素晴らしいレースになってくれれば!


【12/23 23:40追記】

馬券はディープを頭にした三連単を。
今までディープのレースって弱気な買い方ばっかりしてたんですけど、
最後くらいは男らしくびしっと決めたります。

といいつつ、最終のセイウンマルの方を厚く買うかもしれませんが・・・。



参考になってもならなくても是非!

[PR]
by supermanchang | 2006-12-22 23:16 | 競馬 予想
栗林みな実 「fantastic arrow」
この方の歌、久しく聴いていなかったのですが、
オリジナルアルバムが出たんだー、って感じで買ってみました。
彼女の歌を最後に聴いたのは二年ほど前、多分クロノクルセイドのOP曲以来。
そしてこのアルバムも、一歩間違えていたら
存在を認識するまでにも至っていなかったでしょう。
そんな薄っぺらい邂逅ではありましたが、はてさてどんな出来なのか。


ジャケットはこんな感じ。

e0058207_21571057.jpg

あんまり好きなデザインじゃないなー。
そこはかとなくゴージャスだけど、色味が寒々しい。
もう少し暖かみのある挿し色がちょっとでもあればいいと個人的には思いますが。
ヴァルキリープロファイルのジャケみたいな感じに。

こっちがゲマ特典のメッセージシート。

e0058207_21573258.jpg

安心しろ、心して聴くぜ!



つーわけで早速一周。
まず、歌がフツーに上手くて驚いた。
レベルアップしている、ということはネットで目にしていたけど、
実際に聴くと、自分の中にあったイメージとの差が顕著にあらわれました。
まあ、栗林さんの曲というと未だに「Rumbling Heart」とかを
思い起こしてしまうような人間なのでアレですが。

あと、バックの音も素晴らしく良い。
正確には良いような気がする、ですが。
メンバーのネームバリューに踊らされているフシは確かにあるw
我が家の脆弱な再生環境でも(というかだからこそ?)、
ヘッドホンにじっと耳を澄ませているうちに、あっという間に時間が経っていました。

そして曲自体のレベルの高さ。
作曲のテクニックが云々なんてことは勿論わかんないですけどね。
そこらへんに触れたり触れなかったり、
というかほとんど見当ハズレなことを書いて終わるかもですが、一曲ずつ感想を。


01,fantastic arrow

美しいストリングスであったり、エレガントな躍動感であったりというものが
このアルバムの世界へと否応なしに引き込んでくれます。
表題曲、そしてオープニングチューンが果たすべき役割を
十二分に果たしている名曲ではないかと。

あと、タイトルが超絶カッコいい。
一撃で撃ち落とされてしまいましたw


02,ココロノカケゴト

一曲目とは打って変わってアンニュイな、というか何というか、
とにかくアフタヌーンな感じの曲。

まあ、アレだよ。
アルバムの最後の方で使われそうな感じなのにね、っていうような。


03,ある冬の日の午後

冬は別れの似合う季節。
そして同時に、最も別れを鮮やかに演出する季節でもあるわけで。
それがたとえ陰鬱とした色合いであったとしても、そこにしかない色がある―。

そんな寒色系の激情を上手く表現できているのではないでしょうか。
すっかりシンガーソングライターだなと思った曲であります(失礼?


04,ふたりきりのプラネタリウム

しかし一曲一曲コロコロ表情が変わりますね。
それでもすんなりと聴けてしまうのはクオリティの高さ故でしょうか。

包み込んでくれるような優しいストリングスとベースが印象的。
すごく栗林さんらしい曲だと思いました。


05,人魚姫

三曲目とはまた別の、柔和なセンチメンタリズム。

A,Bメロのハープみたいな音、
等間隔だったらFFみたく聴こえるかも。
ちなみに僕がこういうどうでもいいこと言い出した時は
あんまり書くことなくて行数を埋めたいときですorz


06,affection

今度はソリッドなイントロが印象に残るトランス風ナンバー。
今作のなかではかなり華がある感じ。
ライナーでも見開きまるまる使ってますしね。

しかし栗林さんの詞は、何というか強いですね。
人が想いを馳せるに足る、生きる力にする価値のある類のものだと思います。
そんなことを、この曲を聴いて強く思いましたとさ。

…褒めすぎた?w


07,硝子の小瓶

比較的単調なメロディのなかで、
これまた比較的抑え気味に歌う栗林さんの歌声がなぜか胸に残ります。

と、ちょっと無理して書いてみたものの、
基本的にはこの曲そんなに好きではありませんw


08,boyfriend

キーボードのメロディが凄く耳に残る。
そのためかどうかは知りませんが、一本筋の通ったイメージがあります。
それをキャッチーと言っていいのかはわかりませんけど、
つい口ずさんでしまうことが多そう。

その割りにはサビのキーが高くて悲惨なことになりそうですが。


09,桜の光の中で

桜の光って何だ?
って思った俺はおかしくないおかしくないおかしくない。

まあ、そこから発せられるイメージ通りの暖かな曲です。
次の曲の前座、って感じもしないでもないですが。


10,Crystal Energy

あー、これはちらっと聴いたことあるなぁ。
なんかのアニメの曲だわ、多分(調べる気は無い

そういうこともあってか、このアルバムのなかでは異色な存在。
ダンサブルでサイバーな雰囲気バリバリです。
ライブだったらこういう曲を中心に聴きたいなぁ。

ていうか、この曲だけ頭文字が大文字なのね。


11,アプローチ

もうアルバムも終わりだなー、っていうような
ちょっとした脱力感を誘発する感じ。
個人的にはいかにもサビ前のナンバーだな、っていう。


12,絆

ファーストアルバムのエンディングにこういう曲をもってきてくれるところは、
ファンであればあるだけ本当に嬉しいのではないでしょうか。
僕はファンなんていうのもおこがましい程度の存在ですがね。

次作も素晴らしい作品になるのではないだろうか、
少なくとも心意気だけは保証済みだろう、…そんな気にさせてくれます。



お気に入り : 「fantastic arrow」「boyfriend」
イマイチ : 「硝子の小瓶」「桜の光の中で」



とても良い出来でした。
乳しか見てなかったかつての自分を恥じた。
というか、このアルバムのジャケット見るまで、どうしても顔が思い浮かべられなかったのに、
おっぱいのシルエットだけはしっかりと思い浮かべられたわけですが。



乳が好きなら押しとけー。

[PR]
by supermanchang | 2006-12-22 22:01 | アルバム感想
阪神C結果
1○フサイチリシャール
2◎プリサイスマシーン
3▲マイネルスケルツィ
4△アサクサデンエン
5△シンボリグラン



やっぱり強かったフサイチリシャール
シンスケクンがいなくて先行争いが混沌としたことも幸いしたかも
しれませんが、直線満を持して抜け出す姿はまさに大物のそれでしたね。
三歳秋に中距離で頭打ち→短距離で活躍、というと
今は亡き名牝ラインクラフトが思い出されます。
来年は短距離GⅠのひとつくらいは勝ってくれるのではないでしょうか。

プリサイスマシーンは直線前が開かなくてちょっとひやっとしましたが、
器用な走りでスワンSに続いて芝1400で穴を開けてくれました。
しかし、本当に最近のサラブレッドは高齢でも関係なく走りますね。
このままいけば、来年も重賞のひとつくらいは勝っちゃうんじゃない?

三着には二番手あたりからしぶとく粘ったマイネルスケルツィ
さすがに東京以外だと強いですねこの馬は。
来年のマイルCSで特注かな、と今から言ってみるw

以上の三頭のみならず、上位入線した馬はほとんど先行馬だったわけですが、
そのなかで後方から脚を伸ばしてきたのがアサクサデンエン
同父のローエングリンもそうですが、高齢でも衰えませんね。
それにひきかえもう一頭の古馬短距離GⅠ馬である
オレハマッテルゼのだらしないことといったらもう。
外枠は確かに良くなかったでしょうし、展開的に前にも行きたかったでしょうが、
もう少し格好をつけて欲しかったところです。

コートマスターピースは懲りずに出遅れ。
この瞬間頭を抱えた人も多かったのではw

次走で順当に巻き返してきそうなのはチアフルスマイル
去年同様、京都替わりで一発やってくれそう。
まあ、このまま繁殖入りとかしなければですが。


馬券は前日の愛知杯に突っ込んだせいでお金がなくて買えませんでした。
そのくせフェアリーSの分はちょっとだけ買ってるんだから救えないったらないorz
だって、どう考えたってこっちより当たりそうだと思ったんだもんwww


来週は2006年最後の大一番、有馬記念がありますね。
中山まで観に行く予定なので、すごく楽しみです!



参考になってもならなくても是非!

[PR]
by supermanchang | 2006-12-17 17:06 | 競馬 結果
阪神C
◎ プリサイスマシーン
○ フサイチリシャール
▲ マイネルスケルツィ
△ コートマスターピース
   ステキシンスケクン
   コスモシンドラー
   アサクサデンエン
   シンボリグラン


GⅠ並の好メンバー、と言うのは少し大げさですが、
来年の短距離界を占うにはこれ以上ない構成ではないでしょうか。


とか言ってるくせに本命は古豪プリサイスマシーン
今の阪神の速い時計にも対応可能でしょうし、枠もいいところを引きました。
非根幹距離に戻るのもプラスではないかと。
一年にそんな何度も穴をあけられるものか、とも思いますが、
先行策からあっさりというビジョンが容易に浮かんでくるのだから仕方がない。

対抗には、最初は本命にしようかと思っていたフサイチリシャール
先行できるし時計持ってるし距離短縮だし。買える要素はたくさんありますよね。
ダートで不甲斐ない競馬を続けてしまいましたが、
その前の神戸新聞杯を見る限り、やはり能力は相当なもの。
好走の可能性は高いのではないかと目しています。

以下にも、外枠すぎず後ろから行きすぎず、という馬をチョイスしてみました。
コートマスターピースは出遅れたりしなければもちっと前に行くでしょう。
前走である程度高速馬場に対応できることも示せましたし、
格の違いを見せつける場面があってもおかしくはありませんよね。


馬券はどうやって買おうか悩んでます。
こういう混戦時には、決まった馬券購入フォームがあるといいなと思ってしまいます。



参考になってもならなくても是非!

[PR]
by supermanchang | 2006-12-16 19:27 | 競馬 予想
愛知杯
◎ レクレドール
○ アドマイヤキッス
▲ ソリッドプラチナム
△ メジロトンキニーズ
   ニシノフジムスメ
   ロフティーエイム
   ピアチェヴォーレ



レクレドールはステイゴールドの妹なんですよね。
その流れでこないかなー、というのと、やっぱり小回りなら強いはず、というので本命。
格的にも全く見劣りしないどころか、大威張りできる存在ですしね。

あと一頭をピックアップして二頭軸三連複を買おうと思うのですが、
それをアドマイヤキッスとソリッドプラチナムどっちにしようか迷いました。

で、結局アドマイヤキッスにしたわけですが。
どう考えたって崩れる可能性が少ないのはこの馬の方でしょう。
これで四着とかだったらさすがにもう頭打ちかなー。



参考になってもならなくても是非!

[PR]
by supermanchang | 2006-12-15 18:19 | 競馬 予想
KOTOKO 「UZU-MAKI」
「硝子の靡風」から一年半の歳月を経てドロップされた、
I'veの大エースKOTOKOさんのサードアルバム。
前作はかなり自分好みなつくりでしたが、はてさて。


ジャケットはこんな感じ。

e0058207_1339294.jpg

写真じゃわかんないかもですが、凝ったつくりです。
I'veのコンピアルバムとかもたまにはこういうつくりにすればいいのに。

e0058207_13395838.jpg

あーでもライナーがこんな風に大判一枚に収まってるのって、
個人的にはあんまり歓迎できないです。取り扱いづらい。


今作は前作までにも増して、
KOTOKOさん本人が作詞作曲両方を担当しているものが多いです。
昔は彼女がつくった曲というとあまりいいイメージがなかったのですが、
前作にも言えることですがクオリティが安定してきた感がありますね。
まあ、アレンジャーの力も大きいとは思いますが。

方向性的には…、うーん、何というか、あんまりキャッチーじゃない。
 (ジャケットとかタイトルからそういうにおいが一切していなかったので
  ある程度覚悟はできていたというか、予想はついていたのですが)
内、内に向かって疾走しているような感じを受けました。
歌詞にしても、曲調にしても、使ってる音にしても、ね。
それこそがこのアルバム通してのスタンスであり、
究極的に彼女が志向するところであるのかも知れませんが、
もう少し思わず口ずさんでしまいそうになるような曲も欲しかったです。


以下、簡単に全曲の感想をば。


01,・-Introduction-

イントロダクションナンバーからスタートというのは前二作と同じ。
「COLLECTIVE」に似たような、というか一瞬「COLLECTIVE」かと思った。
あと、作曲・編曲者がNakazawatakaseとなっています。何だそりゃw


02,UZU-MAKI

気を抜いているとイントロダクションが続いてると誤認してしまうかも。
それくらいすんなりと移行します。

表題曲なわけですが、いかにも高瀬さんがつくりそうな曲。
I'veのダーク路線のイメージそのままです。
アルバムの顔となる曲としては少し弱いかな。
この手のI've曲を聴きなれているからそう感じるのかもしれませんが。


03,サイダー

この曲の間奏、すごく綺麗で好きです。
サビとかのメロは全然頭に入んないのに、
間奏部分の叙情的なメロディは一回聴いただけで胸に沁みこみました。

サイダーっつーのもいいタイトルですね。


04,春

冬なのに。

※コレ書いてる現時点が冬なんですよ。ていうか他に感想ないのかよ。


05,車窓の調べ

やたらと疾走感バリバリの曲。
新鮮ではありますが、うーん、私的にはちとダサいw
ちょこちょこといいなと思うところはあるのですが、
なんつーか、ズンチャカズンチャカいってる感じが嫌。


06,月夜の舞踏会

先行シングルのカップリング曲だったらしいすね。
…ごめん、買ってないんだ。

今作中ではかなり明るめ。
Bメロ後半部分がいい感じです。
歌詞に「マリア様」と出ている時点でマリ見てを
連想してしまったのですが、この曲も使われているのでしょうか(調べろっての


07,海豚

すげー暗い。歌詞も曲調も。
まあ、発売前にこのアルバムに対して抱いていたイメージに
一番合致した曲だったりするのですが。

しかし、イルカって漢字で書くと好感度が七割くらいダウンしますねw
その効果も狙った上で、このタイトルをつけたのかなー。


08,秋爽

これもシングルのカップリング曲。
そのシングルを持っているにもかかわらず
初めて聴くような気がするのはどうしてだろう。

…言うまでもなく、あんまり気に入らなくて全く聴かなかったからなのですが。


09,縁どりの世界

Aメロの別れを想起させるようなメロディが好き。
Bメロのリズムが面白くてかっこよくて好き。
ラスサビ前のシンプルながらも洗練された間奏が好き。

あれ、サビは?
っていうような、そんな曲。


10,楓の道、ギターの奏でる丘で

アメリカン・カントリィ的な優しさと切なさが渦巻く可憐な曲。
…何か間違ってる気がするけど、気にしないw


11,being

唯一のシングル曲。
「灼眼のシャナ」に使われてましたし、オリコンでもかなり上位でしたね。
もしかしたらKOTOKOさんの曲のなかで一番有名だったりして。

まあ、僕はそんなに好きでもないんですけど。
ちょっとシングルにするには弱くないかい? なーんて。


12,Goodbye Dear

実質的にはラストナンバーであると言ってもいいでしょう。
ライブのエンディングを飾るに相応しい、スタッフロールが似合う曲です。

今作ではあまりサビが気に入った曲というのがなかったのですが、
これはその中にあって、というのもありますが、ダントツです。
ライブに行って最後にコレ聴かされたら感極まって泣いてしまうかもねw


13,雪華の神話-in X'mas mix-

扱いとしてはボーナストラックに近いのでしょうか。
リミックス前より良く聴こえます。

ホントはこの曲、仰々しいタイトルが好きじゃなくてあまり聴いたことなかったのですがw



お気に入り : 「サイダー」「Goodbye Dear」
イマイチ : 「車窓の調べ」「秋爽」



出来がいいのは疑いようがないのですが、
キラーナンバーといえるものがなかったのが少し残念。
まあ、あくまで個人的にではありますが。



次回作はもうちっとポップだといいなぁ

[PR]
by supermanchang | 2006-12-14 13:47 | アルバム感想
朝日杯フュ-チュリティS結果
1△ドリームジャーニー
2△ローレルゲレイロ
3◎オースミダイドウ
4○フライングアップル
5▲マイネルレーニア



もしかしてドリームジャーニーは凄く強い馬なのではないだろうか。
淀みのないペースになり、骨っぽい先行馬が上位を占めるなか
ただ一頭だけ後方から一気に伸びてきました。
出遅れた瞬間「終わったな」と思ったのは内緒ですw

二着以下は、まあこの流れならこんなもんか、って感じでしょうか。

ローレルゲレイロはやはり厳しい流れ向きですかね。
瞬発力勝負にならなかったのが好走の要因だと思います。

オースミダイドウはいくらなんでもレース前に消耗しすぎ。
それでもあれだけ粘れるのですから、やはり強いですね。
クラシックで買えるかどうかはわかりませんが、
ローレルゲレイロとセットで好走する感じで捉えていこうかと。

フライングアップルは悪くはないもののワンパンチ足りず。
このままであれば、今後もアタマで買うことはないでしょう。
毎日杯二着とかがお似合いなイメージw


マイネルの五、六着馬は現時点ではちと劣るということでしょうか。
シーガルは古馬になってからが勝負な気がしますが、
レーニアは三歳になって伸びしろがあるのか本当にわかりません^^;

ゴールドアグリはやはり後手後手に回って見せ場なし。
広い馬場に戻ったとしても、微妙に買いにくいなあぁ。
成長力に疑問符がつくだけに、来春一発目の走りに注目ですね。



参考になってもならなくても是非!

[PR]
by supermanchang | 2006-12-10 16:06 | 競馬 結果
トップ

アニゲ中心のいかんともしがたいブログですが、お暇つぶしにでもなれば。コメント、トラバ歓迎ですー。
by supermanchang
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク&コンタクト
【mixi】

mixi

マイミク申請等お気軽にどうぞー。


人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧