最新のトラックバック
楓の ネギま!ニュース ..
from 楓の箱リロLive対戦日記
ネギま!関連サイト巡回(..
from ネギま!部屋(楊さんのページ..
第69回優駿牝馬(オーク..
from 競馬雑記
お兄ちゃんの無念を晴らす..
from 不定期更新のスポーツニュース
【回顧】オークス・東海S
from 三連単を当ててみたいブログ
2歳女王が樫の舞台で再び..
from いちご一恵の勝ち馬日和
G? オークス 当たりま..
from お地蔵さまの寄り道
【きっどさんのG?反省会..
from しっとう?岩田亜矢那
[36、37連敗]ひなげ..
from 連敗爆進王の競馬放浪記
第69回 優駿牝馬の予想結果
from アミューズエイド
検索
ライフログ
<   2006年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
天皇賞・春結果
いくらなんでも強過ぎる。

武豊がインタビューで「これ以上強い馬がいるんですかね」
と言っていましたが、全くもって同感です。
現在世界の芝戦線で最強と目されているのは恐らく
凱旋門賞馬のハリケーンランなのでしょうが、
ディープより強いなんてことがあるんでしょうかね?


というわけで回顧を。
一着はディープインパクト
出遅れて後方二頭目からのレースでしたが、
残り1000メートルくらいから一気に外をまくって四角では先頭に。
お前は菊花賞のミスターシービーか、とw
こんなんでホントに最後まで脚がもつのか?
と思って直線の走りを見ていたのですが、杞憂でしたね。
結局永遠に破られないのではないかと思われていた
トップガンのレコードを一秒も更新しての大圧勝。
ダービー制覇の時と同等、いやそれ以上のすばらしい走りでした。

二着はリンカーン
好位からスッと抜け出す王道的な競馬でしたね。
ディープがいなければ、なんて話は無意味ですが、
それでもちょっと考えてしまいますよね。
まあ、やっぱり力はある馬だな、と。

三着はストラタジェム
この馬は相手なりに走る馬ですね。
ステイゴールドみたいでくさいなとは思っていたのですが、
いくらなんでも使いすぎだろうと思って切ってしまいました。
さすがにここらで一息入れてくるでしょうし、
秋の飛躍に期待したいです。

人気どころで凡走したのは、マッキーマックス、デルタブルースの
ダンスインザダーク産駒の両頭。
しかしダンスは不思議なほど春天で来ませんね。
ツルマルボーイ、ダイタクバートラム、ザッツザプレンティなどと同様、
今年も人気を裏切ってしまいました。
やはり京都3200はシャープな切れ味があるSSの方が良いということでしょうか。
これが京都3000だと話は違ってくるんですけどねw


さて、これで俄然キングジョージが楽しみになってきましたね!
大種牡馬サンデーの最高傑作のヨーロッパでの走りが
世界中を震撼させることでしょう!
[PR]
by supermanchang | 2006-04-30 16:34 | 競馬 結果
天皇賞・春
これまで数々のドラマを生んできた、淀の3200メートル。
フライング・トリプルクラウンの覇権奪還を阻止する馬は現れるのでしょうか。
個人的には、弾みをつけるためにも是非圧勝してほしいと思っているのですが・・・。
てなわけで、「天皇賞・春」の予想です。


◎ ディープインパクト
○ リンカーン
▲ ローゼンクロイツ
△ デルタブルース

  

すいません、騎手で買いました。
だってね、結局このレースはディープインパクトがどういう位置取りで
どういう仕掛けをするかを考えるレースだと思うんですよ。
阪神大賞典みたく早めに抜け出す可能性が高いとは思うのですが、
意外と勝負どころで動けずに、菊花賞みたいな鬼脚を使ってくるかもしれません。
なので、ヒモにはある程度柔軟に乗れそうな鞍上の馬を選びました。
リンカーンなんて、こういう買い方しなければ絶対買いませんよw

今回みたく、普段の予想スタイルと違う買い方をしてしまうと、
きたりするんですよね、シルクフェイマスとかがwww
[PR]
by supermanchang | 2006-04-29 18:53 | 競馬 予想
涼宮ハルヒの憂鬱 第4話
ねえ、話が全然わかんないんですけど。
確か俺先週みてたよね・・・?
見たこと無いキャラとかいるとかってあんまりでないかい?

まあ、そんなことはどうでもいいか!
せっかくのみくる祭りだからね、些細なことですよ。
コスプレがデフォだったり、例によって乳を揺らしまくってみたり。
野球も楽しいしね。みくるのヘボいスイングにマジ吹いたw


・・・と言っていれたのも途中まで。
いよいよもって訳わかんねぇ!
絶対コレ第4話だよね? 3.1話から3.9話までがあったとかないよね!?
そう言いたくなる位さっぱりな展開と会話。
宇宙人男(仮)の話によると、
どうやらハルヒの意思や機嫌が世界に何らかの影響を与えているようですが。

で、さっぱりわけわかんないうちにバカスカ打ちまくって野球終了。
長門さんの宇宙パワーのおかげのようで。
それにしても、試合が終わった後のハルヒの笑顔は最高かわいいな。


・・・次回予告を見ていたところ、時間軸的には次回が前回の続きのようですね。
無駄にややこしいとか言ってますが、無駄どころか半端なくややこしいよ。
[PR]
by supermanchang | 2006-04-24 22:42 | 涼宮ハルヒの憂鬱
麻帆良学園中等部3-A 1学期始業式
【4/24追記】
すみません、書き忘れていましたがネタバレ全開です。
特にアニメパートはかなり細かく書いたのでご注意を。

↓以下本編です。


行ってきましたネギまイベント!

e0058207_19522770.jpg

あいにくの曇り空でしたが、会場近辺は熱気に包まれていました。
大麻帆良より規模が小さいとはいえ、さすがに2,000人集まるとすごいですね。
(ちなみに応募は5,000件あったそうです)

e0058207_19552293.jpg

こちらが場内の電光掲示板。
「ホントに来たんだなー」って感じにさせてくれます。


最初に時間があったので物販に並んでみることに。
結局何も買いませんでしたが。
並んでる途中でトレカバインダーとTシャツが切れましたしね。
あと、並んでる最中にやっぱり気になったんでちっちゃく書きます。
みんな、風呂くらいしっかり入ってこようぜ・・・。


物販を見終わって二階の席に行ってみると・・・
一列目が無い。
何でか知りませんが、二階は二列目が最前列なんですね。
そして僕の席は二列目・・・。
ライブで立ったらステージから丸見えだろうなー、なんて。
今回もあえて言わせてもらいますが、
絶対あいぽんと目ぇ合ったって!!


で、間もなく開演。
しょっぱなからアニメが始まったわけですが・・・

超神。

いやー、とにかくものすごかったです。
何がって、肉の質感が。
胸とか脚とか尻とか、とにかくムッチムチなんすよ。
俺はこんなにもアニメを見て性的に興奮したことはない。
エロアニメなんかより全然良いと思いました。マジで。

・・・すいません、キモ杉ですねorz
気を取り直して、OP曲とED曲の話でも。
両方ともアップテンポで悪くない曲でしたよ。
ハピマテクラスを期待していたら物足りないでしょうがね。
あんな一聴しただけで脳内に刷り込まれるような曲はそうそうないです。
で、曲名ですが・・・
ワタクシ、見とれていてOP曲のクレジットを見逃してしまいました( 'Д`)
後でどこかのブログを参考にして追記します・・・。
(追記:「夢☆みんなで!」らしいです。歌っているのは神田さん&利奈さん。
    
「hakuro.info blog」さん、参照させていただきましたm(_ _)m )
ちなみにED曲名は「おはよう!」です。神田さんのソロ^^
(これはちゃんとクレジット見てたので自信ありです^^;)


あと、マジメにストーリーや設定などについても少し。
ストーリーは、7巻のビーチでの話をベースに味付けした感じ。
ネギがメガネをなくして、それを明日菜が見つけてきたりとかね。
ちなみにネギのメガネはお姉ちゃんからもらったものらしいですよ。
そして設定や描写についてですが、結構気になるところがありました。
まず髪の毛の色。一期でも、千雨の緑色が物議をかもしましたが、
今回真っ先に目が行くのは、恐らく桜子の金髪ではないかと。
何で原作ままの髪色ではいけないのでしょうね。
ちなみに夏美は灰色っぽい感じ。千雨はもちろん元に戻ってました。
それと、明日菜の目の色。マガジンに掲載されていたとおり左右同じでした。
あとは・・・、木乃香の目が時々ぱにぽにの一条さんの目になってたw


大満足のアニメパートが終わって、いよいよ声優さんたちが登場。
今回の出演者は、神田朱未さん野中藍さん小林ゆうさん
桑谷夏子さん白石涼子さん、そして佐藤利奈さん
定番の「どこから来ましたか」や、アフレコでのウラ話などを経て
スライドで各キャラの設定画を見ながらコメントをするコーナーに
入ったわけですが、ここでアクシデントが。
後から紹介するつもりであったろうチャオの設定画が映ってしまったのです。
もちろん高本めぐみという声優名もデカデカと入っているわけでw
今考えると、もしかしたらアニメのクレジットで公開済みだったかもしれませんが、
僕はこのタイミングで知らされたので、何だかなぁという感じでした。


その後、ネギまの思い出、やってみたいイベント、大麻帆良の話などを経て、
いよいよライブパートの時間に。
曲数は少ないですが、以下箇条書きで。

 ・ハッピー☆マテリアル
   一曲目にハピマテ!
   スロースタートは許されないということでしょうかねw
   位置的に跳ぶのは怖いので、その分頑張って手を振って声を張り上げました。
   ていうか、やっぱりハピマテは最高ですね。今回も神的盛り上がりでした。

 ・おはよう!
   続いて新曲の「おはよう!」
   うーん、どんな曲だか思い出せない・・・。
   それでも相応に盛り上がりましたし、ライブ向きの曲ではないかと。

 ・輝く君へ~Peace
   早くもラスト。
   「ラストといえばこの曲!」というイメージは確かにあるかもしれませんが、
   個人的には「にちようび」とかのほうが良かったなー、なんてね。


ライブパートが終わって、いよいよ新チャオ役の高本さんが登場。
初めて聞く名前なのですが、なかなかかわいらしい方でした。
今回のアニメからチャオに声をあてているということでしたが、
全然違和感ありませんでしたよ。頑張ってほしいです!
そしてその後、赤松センセイも登場。
「作画、素で驚きました」とコメント。おっしゃるとおりw
さらに、ネギま15巻の限定版の話に。
なんと、今回のアニメを再編集したものをDVDに収録して付けるらしいです!
もうね、ファンなら買うしかないですよ!!
僕は下手をすると保存用にもうひとつ買ってしまうかもしれませんw


一時間半の短い(?)イベントではありましたが、とても楽しかったです。
こういう楽しいことがあるから、明日も頑張れるんだな、と真剣に思ったりw


最後に蛇足かとは思いますが、
何か間違いなどがありましたら是非教えてください!
いつも通り主観バリバリで思うが侭に書いておりますのでw


※追記というかおまけ

 勉強してたのですがいきづまってもうやりたくないので、アニメパートについて補完。
 覚えている限り詳細に書いてみようと思います。ちなみに酒入ってます。

 
 61話がベースになっていることは上述しましたが、この短編アニメのスタートは明日菜たちの部屋でした。夜中ネギがなにやら調べ物をしていると、明日菜が「もう寝ろ」と言ってきます。反感を覚えたネギは、「明日菜さんには関係ないじゃないですか」とつっぱね、これが原因で明日菜と仲たがいをすることに。ちなみにこの時明日菜に取り上げられた本を取り戻そうとしているうちにネギがくしゃみをして、明日菜の着ているものがスパーンと吹っ飛んでいくというw
 場面は変わって、いいんちょのプライベートビーチ(?)に移動する機内。明日菜の機嫌が直らず落ち込むネギを心配するいいんちょと、そこにちゃちゃを入れるまき絵や双子といった、まあいつもの構図ですわね。で、機上からクラス全員でスカイダイビング→オープニング。
 オープニング明けは、思い思いに海で遊ぶさまが描かれていました。・・・が、ここが一番あいまいなんですよねorz 砂遊びをする図書館三人組、水上ホバーみたいなのに乗る亜子とアキラ、海上を低空飛行するマシンで遊ぶ裕奈と美空、フルーツに舌鼓を打つチャオと五月、いつも通りに機械いじりをするハカセ、銃の手入れをする龍宮、ジャグリングをするザジ(でも3人とも「海はいいねぇ」とか言ってるw)、そしてブーたれる明日菜を心配する木乃香と、木乃香のきわどい水着にドギマギする刹那・・・といった感じだったはず。
 で、再びネギ周辺にスポットが。千鶴たちに混ざってブーメラン遊びをしていたネギですが、注意力散漫でブーメランをモロに食らって吹っ飛び波にさらわれてしまいます。それを救うためにブーメランで遊んでいた千鶴や楓、近くにいた図書館組、いいんちょ、それからもちろん明日菜たちあたりがネギのもとに赴きます。当然ネギは平気だったわけですが、駆けつけた巨乳軍団の胸にはさまれアップアップというこれまたいつものパターンw それを見届けてまたブーたれモードに戻りその場を去る明日菜(ここで、ひとけのないビーチでコスプレ写真を撮っていたちうタンとニアミスするというシーンが入りました)。
 ここで(かどうかは定かではありませんが)、イベント軸が変更。なぜかエヴァ&茶々丸、さよ&朝倉、チア三人組がセット。まずエヴァの描写。どうやらエヴァは、学園長のハンコ押しによって呪縛を免れているよう。そしてさよちゃん、何故スクール水着を着ているのアナタはw 彼女がビーチまで来るっていうのはさすがに無理があるので、何も言及されていなかったはずです。そんなさよと朝倉の特ダネ話にチアの三人とエヴァが食いついてきて、一行で冒険の旅にでることに。確か森の中に生息する何だかっていう希少生物(朝倉の特ダネはコレ)をエヴァがやっつけにいくとかいう感じでした。で、結局その生物は現れず、かわりに森の中で撮影をしていたちうタンと鉢合わせをするというw ちなみにこの近辺で、チアの三人がメソウサ的な描写をされた場面がありました。超かわいかったスwww
 そして、またしてもスポットはネギに。明日菜との仲直りをサポートするために、原作でもあったサメ作戦を実行することに(ちなみに発案は千鶴)。で、原作と同じように明日菜がアーティファクトを召喚してサメ退治をするわけですが、やっぱりバレて明日菜をさらに怒らせることに(ちなみに原作ではここで例の大剣が出てきますが、このアニメではハリセンでした)。
 夜になり、メガネがなくなっていることに気付くネギ。どうやらあのメガネはお姉ちゃんからもらったもののようですね。で、そのことをいいんちょから伝えられた明日菜は、夜通し海中を探して発見。そしてネギの部屋のベランダに置いて立ち去ろうとするところをネギに引き止められます。はじめはグダグダ言い合っていたものの、夜明け空のあまりの美しさに心を動かされ、明日菜はネギを許すことに。で、海中に引きずり込んであのシーンへと。そんな感じで一件落着というところで、なぜか潜水艦でクラスメイトたちが登場。うーん予定調和。で、エンディングを経て終了。
 あと、途中でポツポツと31人分のアイキャッチが入ってました。それがまたかわいいんだw


・・・てなところですかね。
繰り返しになりますが、何かご指摘ありましたら教えてくれるとすごくうれしいです。
[PR]
by supermanchang | 2006-04-23 21:44 | 魔法先生ネギま!
フローラS結果
1  ヤマトオリオン
2 △ブロンコーネ
3 △アクロスザへイブン
4 ○オリオンオンサイト
5 △ホーリーミスト



一着はヤマトマリオン
競馬はホント理解不能な連鎖をすることがありますからね。
オペラハウスは波が来てるんですかねー。
まあでも、この馬自身いい競馬をしました。
てっきり後ろから行くと思っていたので、位置取りを見て頭を抱えましたよw

二着はブロンコーネ
この馬も前々で競馬をしていた馬ですね。
やっぱり春先はBTがいい感じだな、と。
母系もそれなりに良いですし、まだまだ狙いどころがありそうですね。

三着はアクロスザへイブン
フジキセキは2000はあまりよくないイメージがあるのですが、
過去メイショウオスカルも来たことありますしね。

で、本命テイエムプリキュア、単穴アイスドールは仲良く七、八着。
プリキュアに関しては、ある程度雨が降るという想定のもとでの本命でしたので。
まさか一滴たりとも降らないとは思いませんでしたよw
・・・まあ、新宿ではポツポツと降ってましたけど・・・。
アイスドールはやっぱり東京では買ってはいけないと思います。


今回は前残りの内有利という、いかにも開幕週なレースになりましたね。
ぶっちゃけ、オークスに直結するような感じは全く受けません。
BTの底力は少しだけ怖い気がしますがね。
[PR]
by supermanchang | 2006-04-23 19:25 | 競馬 結果
フローラS
GⅠのはざまのトライアルということであまりやる気が出ませんが、
春の東京は馬場の見定めが命。注目したいと思います。
日曜のメインは、オークストライアル「フローラS」です。


◎ テイエムプリキュア
○ オリオンオンサイト
▲ アイスドール
△ ホーリーミスト
   ロランラムール
   アクロスザへイブン
   ブロンコーネ



本命はテイエムプリキュアです。
桜花賞の回顧で、オークストライアルに出てきたら確勝とか言っちゃいましたしね。
明日は雨ですし、多少時計のかかる馬場になるのではないかということで。
数年前には、同じパラクリ産駒のニシノハナグルマが勝ってますし。
以下にも、軽いタイプでなく、ちょっと重い感じの馬を挙げます。
そんなわけで、対抗はオリオンオンサイト
前に行きそうですし、父グラスワンダーというのも良さそう。
フラワーCでも、前に行きつつそこそこの結果を残しましたしね。
あと、買おうかどうしようか迷ったのですがアイスドールを。
クイーンCを見てた限り、あんまり東京よくないんじゃないかと思うんですけど・・・。
でも、赤松賞は勝ってますしねー。一応押さえます。


うーん、ロベルト系が多いですかね。
土曜の京都メインでは、やっとシルクネクサスが復活しましたし、
明日はオリオンオンサイトに頑張ってもらわねば。
あ、オーストラリアTはもちろんゲットしました^^


追記:
 今週から複勝コロガシをしてみようと思います。
 ありふれた企画かもしれませんが、やってみたかったとです。
 というわけで、今週の買い目。

 東京11R : トウショウナイト

 確勝級でないかと思っております。
[PR]
by supermanchang | 2006-04-22 16:21 | 競馬 予想
涼宮ハルヒの憂鬱 第3話
1話目が相当アレだったらしいので、
興味本位で2話目を見たところ、結構面白かったんですよ。
で、今週も見てみました。

マジ面白くないすか?

特にみくるちゃん。
普通の萌え不幸キャラかと思いきや、
突然ぶっとんだ発言をしやがってびっくりしたw
原作読んでないんでさっぱりわからんのですが、
このままわからんなりに楽しく見れるのではと思います。

最後、不思議少女がSF発言かましてくれまして、
ちょっとだけ先行き不安だな、とも思いましたが・・・。


予告で野球やってました。
SF的な展開になんてなるはずがないね!

[PR]
by supermanchang | 2006-04-17 23:23 | 涼宮ハルヒの憂鬱
皐月賞結果
まさか石橋守がGⅠを勝つ日がくるとは。

・・・と言っては失礼ですがねw
掲示板には載るだろうとは思っていましたが、ここまでとは。
ともあれ、石橋騎手にはおめでとうと言いたいですね。
'95年にダートGⅠがあればライブリマウントで勝っていたでしょうけどw
 

というわけで、一着はメイショウサムソン
道中五番手あたりから力強く抜け出しましたね。
最大の勝因はもちろん展開でしょうが、それにしてもいい脚でした。
ダービーではさすがにこんな競馬はできないでしょうが、
大きく崩れることも考えづらいですね。

そしてホントにビックリしたドリームパスポートの二着入賞。
普段まずい騎乗をして叩かれることが多い高田潤が、
まさかこの大舞台でこんな競馬をしてくるとは・・・。
フジキセキで中山1800より2000の方が良いなんてありえないだろうし、
そもそもこんな騎手信頼できるか、ということで切ったんですけどねw

以下、人気どころがまとめて入線。
ジャンク、ムーン、サクラは、四角で内にいた順ですね。
最終コーナーでゴチャついて届かずという、皐月賞でよく見られる光景でした。
フサイチリシャールは先行して粘りきれず。
スピードがある馬なので、距離はやはり1600がベストなのではないかと。
NHKマイルカップでは特注ですよね。


さて、今回の結果を踏まえての現時点でのダービー予想ですが、
うーん、フサイチジャンクが最有力なんですかねぇ。
本当はもう一回メガワンダーを本命にしたいところなんですけど、
また大外まわして伸びずみたいな競馬をしそうでw
とりあえず、ダービーの方がよさそうなのは、
ジャンク、ムーン、ジャリスコ、キャプテンベガ、あと一応タキオンあたりでしょうかね。
まあ、タキオンはさすがに負けすぎなんで無理でしょうけど。
[PR]
by supermanchang | 2006-04-16 16:27 | 競馬 結果
皐月賞
いよいよ牡馬クラシック第一弾、「皐月賞」です。
いちばん速い馬は、果たしてどの馬なのでしょうか。


◎ サクラメガワンダー
○ フサイチリシャール
▲ ジャリスコライト
△ フサイチジャンク
   メイショウサムソン
☆ アドマイヤムーン



ハイ、人気サイドで固めてみました。
その中で本命にしたのがサクラメガワンダー
大一番でロベルトが巻き返すというのは、今まで何度も見てきたパターン。
中山苦手なアンカツから、内田に乗りかわるのも好材料。
欲を言えば、弥生賞でせめて三着には入っていてほしかった・・・。
対抗はフサイチリシャール
スプリングSで、溜めてもダメそうだということがわかったでしょうから、
今回はガンガン前に行ってくれるでしょう。
自分の競馬ができれば、相当に強い馬だと思いますので。
単穴はジャリスコライト
休み明けではありますが、その能力は折り紙つき。
しばらく見ないうちに馬が変わってた、なんてのはこの時期よくあることですしね。
二歳時には世代ナンバーワンと評判だった馬ですし、魅せてほしいです。
以下、フサイチジャンクメイショウサムソン
フサイチジャンクに関しては、ずっとくわせものではないかと思っておりましたが、
トライアルを見て、「押さえないわけにはいかないな」と思ってしまいましたw
今回が試金石、どんな走りを見せてくれるのでしょうか。
メイショウサムソンはなんといってもオペラハウスですからね。
いくら好走してもなかなか評価されない感じではありますが、
それは乗っている騎手のせいですかねw
最後にアドマイヤムーンについて。
もちろんその能力は一級品です。疑いようがありません。
ですが、なんせ中山2000のフルゲートですからね。
大外を回して届かない、といったシーンが目に浮かびます。


明日は晴れたら中山まで足を伸ばそうかと思っていたのですが、雨のようですね。
残念ですが、おとなしく家で観戦してます。
ダービーは是非観に行きたいなぁ・・・。
[PR]
by supermanchang | 2006-04-15 18:17 | 競馬 予想
SHIHO 「Kiss the Future」
まず耳に残るのがそのイントロ。
こんなにも胸躍るイントロはそうそうない。
まさにポップエンキュート。ホントにこの音大好きです。
Aメロからサビまでのメロはちょっと劣るかなとは思いますが、
その分打ち込みのカッコよさでカバー。
サビ前の一際映える「ズゥン」って音は何度聴いても飽きません。

歌っているのはSHIHOさん。
I've初期~中期に名曲のボーカルを多数担当された方です。
この方の声も、KOTOKOさんと同じくエフェクトがかかって良い、という感じ。
力強くかつスコーンと抜けるような歌声は、この曲にぴったりだと思います。


お気に入り度 : ★★★★★★★★★★

僕の一番好きなI've曲です。
よっぽどのことがない限り、この地位は不動のものでしょう。
[PR]
by supermanchang | 2006-04-13 23:27 | アニソン・ゲーソン感想
トップ

アニゲ中心のいかんともしがたいブログですが、お暇つぶしにでもなれば。コメント、トラバ歓迎ですー。
by supermanchang
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク&コンタクト
【mixi】

mixi

マイミク申請等お気軽にどうぞー。


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧