最新のトラックバック
楓の ネギま!ニュース ..
from 楓の箱リロLive対戦日記
ネギま!関連サイト巡回(..
from ネギま!部屋(楊さんのページ..
第69回優駿牝馬(オーク..
from 競馬雑記
お兄ちゃんの無念を晴らす..
from 不定期更新のスポーツニュース
【回顧】オークス・東海S
from 三連単を当ててみたいブログ
2歳女王が樫の舞台で再び..
from いちご一恵の勝ち馬日和
G? オークス 当たりま..
from お地蔵さまの寄り道
【きっどさんのG?反省会..
from しっとう?岩田亜矢那
[36、37連敗]ひなげ..
from 連敗爆進王の競馬放浪記
第69回 優駿牝馬の予想結果
from アミューズエイド
検索
ライフログ
カテゴリ:Darker than BLACK( 13 )
Darker than BLACK -黒の契約者- 第13話
さーて待望のイン編。
平凡な、とはちょっと言い難いかもしれませんが、
それでもまあ普通の範疇にある家庭で暮らしていたようですね。
そこから現在に至るまでに、はてさてどんなことがあったのか。
毎回言ってるけど、次回が楽しみです。温泉シーンはなさそうだけどorz

それはさておき、探偵&ピンクが再登場w
こいつら出てくると途端にコミカルになるんだから凄いよなぁ。
マオも毎回毎回そのあおりを受けてるしね。
タクシーにひっついてるシーンで不覚にも笑っちまったよw

そして、ホァンとヘイたちとの間で内部紛争フラグが。
いつかは起こると思ってたけど、意外と早かったな、と。
このまま完全分裂しそうな感じですし、物語が大きく動き出しそうですね。



ピンクと探偵、このエピソードで打ち止めってことはないよね?

[PR]
by supermanchang | 2007-07-01 09:30 | Darker than BLACK
Darker than BLACK -黒の契約者- 第12話
「彼女の日常は変わらない 喪ったものを見つけ
                  その対価を支払った それだけだ」


うーん、なんつーかここだけやけに綺麗にまとまった感じ。
ララァは再登場はなさそうだけど、DtBらしからぬ前を向いてのフェードアウトかな。


さて今回のキモ、流星のかけらについてですが、いや謎ですねぇ。
ヘイの言葉にあるとおり、契約者の能力を高める機能はあるのでしょうが、
その強化によって更なる混沌のなかに身を投じ破滅する、というものでは必ずしもないっぽく。
どちらかというと、精神に対する作用の方が強いような感じですが、
その作用にしたってわけわかんないことだらけでもぅ。
ニックの最後の台詞が意味するところもどう判断していいものかわかりませんし
あの固有結界じみたものを生み出したのってもしかしてイン?
みたいな疑問も残りますし。じゃないとあのヘイがわざわざお礼なんてしないでしょ。
そしたらインって実はものすげー奴なのかなとかもはやエンドレスループ。


来週はそのインの話か。
ドールってどういうものかイマイチつかめていないのですが、
はてさて彼女はどんな経緯を経てドールとなったのか。
ていうか私的には本編ラストにでてきたおにゃのこの方が気になる。
着てたパーカーとキャップは超絶ダセェけどな。



ていうかせっかく出てきたのに次回出番無しってどゆこと?

[PR]
by supermanchang | 2007-06-23 10:26 | Darker than BLACK
Darker than BLACK -黒の契約者- 第11話
先週の感想より :

次回はヘイの過去なのかな。

次回はヘイの過去なのかな。

次回はヘイの過去なのかな。



・・・・・・テヘッ(つД`)



先週の予告からの推測だったわけですが、
でもまあ、あながち全く的外れだったわけではないといえなくもないかも。
セルゲイ博士の実験におけるヘイの変調は明らかにスクリーンに
映し出された少女のせい。十中八九ヘイの妹でしょう。
流星のかけらがどういうものなのかはさっぱりですが、
これを介して彼の過去の一部が露わになる、というのが
今回のエピソードのキモではないかと思うのですが・・・。

気になるのは予告の「そして、対価は払われた」という一言。
上述の通りヘイの過去が明かされるとしたら
もちろん契約者云々も語られることになるのでしょうが、
それにしたってあまりにも意味深な一言ですよね。次回も楽しみ。



しかしあの北京大生、あっさり死んだなぁ・・・。

[PR]
by supermanchang | 2007-06-16 10:46 | Darker than BLACK
Darker than BLACK -黒の契約者- 第10話
戦闘シーンがかっこEよう。
BGMも相変わらず素敵で、思わず見入ってしまいました。
しかしチャイニーエルフ、強かったですね。死ななかったのも納得w

お話的にはよくある感じですかね。
エルフに裏切られたことも含めてね。
アリスは境遇に負けたんだ、と蔑むのは簡単ですが、
実際自分だったらそういった類の重荷に耐えられているのか、とは結構よく思う。

それはさておき、まあヘイたちにとってはありふれた事件ですわね。
もちろんあの結晶みたいなのがこれまでのブツと比較して
重要度が高いとかはあるかもしれんけど、見てる側にとってはどうでもいいw
今回のエピソード、僕は始まる前に「霧原過去編」という位置づけになるのかなと
思っていたのですが、結局前回の探偵同様単なる顔見せって感じでしたね。
これであの無味乾燥な霧原の過去にとんでもない伏線とかが潜んでいたらびっくり。
ともあれこれである程度重要人物との顔合わせは終わったのかなという感じですし、
次回以降、大きく物語りが動き出す可能性もあるかなー、と。

・・・なんて言ってみたものの、次回はヘイの過去なのかな。
パンピーど真ん中な女の子とかララァとか、また面白い話になりそう。



再びさいとうがこんなにも活躍する日は来るのか!?

[PR]
by supermanchang | 2007-06-08 19:08 | Darker than BLACK
Darker than BLACK -黒の契約者- 第9話
今回めっちゃくちゃ面白いな!!

霧原の過去が明かされるっぽい予告を見た時点で期待していたのですが、
予想をはるかに上回るウホッなシーンのオンパレード。
チャイナにハアハアするも良し、腹鳴らしてるヘイに萌えるも良し、
いつからこんなに間口が広くなったんだこのアニメはw
前回のピンク髪よりよっぽど心を動かされたよ。ホウムラン軒の娘とタメ張るな。

ただ、最後の方はそうも言っていられなかったわけで。
霧原の追っていたVI-952の正体が口デカ元同級生の側近だったり、
秘密の温室で咲いていたのがゲート直輸入のアブねー花だったり、
父親が既にぶっ殺されててクーデターktkrだったり、
またまた都合良くヘイが出てきて霧原と邂逅を果たしてしまったりともう盛りだくさん。
ああ、このタイミングでこいつらが出会うってことはいよいよもって霧原は重要人物なんだな、と。
ぶっちゃけて言うと、このまま最後までちょっと便利な物語調整役かもなと思っていたのでw
この出会いが後々どんな風に効いてくるのか、楽しみですね。

しかし、この口デカの望みというか、志向するところは何なんでしょうね。
エピソードタイトルから見ても短命そうなキャラですが、
こんなことになるに至ったその経緯だけはしっかり焼きつけておきたいところ。



次回さいとうとんでもねえ大ピンチじゃね?

[PR]
by supermanchang | 2007-06-03 01:32 | Darker than BLACK
Darker than BLACK -黒の契約者- 第8話
マオ大活躍キタ!!
・・・と思っていたら壁に激突w
今回目立ってたし、素性がいくらか明らかになったりもしたけれど、
基本的にはこういうちょっぴりコメディタッチな場面で活躍していくのでしょうね。


さて、今回の事件ですが、
ぶっちゃけ大した事件じゃなかったですよね。
つながりがあるのではないかと目していたふたつの事件は
結局全く関係のないものでしたし、ヘイと探偵が絡む理由なんて本当はなかった、と。
ヘイが未亡人の家でバイトしていたのも、名簿をゲットするためでしょうしね。

それだけに、この顔合わせが後々効いてくるのではないかと思うわけで。


次回はメガネが主役なエピソードのようですね。
ヘイのたらしモードも久々に見れるっぽいですし、楽しみだなぁw



ホウムラン軒看板娘も再登場しないかなぁ。

[PR]
by supermanchang | 2007-05-26 13:11 | Darker than BLACK
Darker than BLACK -黒の契約者- 第7話
いやー、今回ばっかりは前編だけではさっぱりですな!
一見バラッバラな線ばかりですが、どう繋がっていくのやら。


今回の敵は人間に憑依して死に至らしめる恐ろしい男。
マオの助けがなかったらどうなっていたことやらという感じですし、なかなかの強敵ですね。
対価は何かの匂いを嗅ぐことのようですが、香水なんですかね?
最初見た時はパンツでハアハアしてるようにしか見えなかったけどw
あと、見た目が某大ヒット中ゲームの某ワカメを思い起こさせるww

対する探偵サイド。
なんかこっちだけ見るとコナン君みたいな展開ですよね。
このオッサンのうだつの上がらないっぷりも毛利探偵みたいだし。
問題はコナン君が居ないことだけど、かわりにかわいい女の子がいるからいっか!
・・・白状すると、ホウムラン軒の娘さんの方が好きだったりします。
ちゃんと名前もついてるし、そのうち大活躍の予感(嘘


キーとなるのはヘイ達がワカメ及び未亡人をマークしているという事実ではないかと。
ヘイの組織は警察ではないので、いくら契約者が人を殺して回っていたところで
それだけを以ってそれを是正するとはちょっと考えにくいですよね。
だから、このふたりの関係がどんなものかはともかくとして、
彼らやなんたら化粧品の手の内に、それなりに重要な何かがあるのでしょう。
あとはクチナシが重要そうではありますが。うーん。


しかしこの探偵事務所の面々、単発キャラにしては濃すぎですよね。
物語が佳境に差し迫ってきた時にナイスアシストをかましそうな感じ。
そう考えると、今回のエピソードは彼らの顔見せが目的であって
事件自体はそんなに重要ではないのかもしれませんね。



気付いたんだけど、俺は加藤英美里が好きかもしれん。

[PR]
by supermanchang | 2007-05-19 03:25 | Darker than BLACK
Darker than BLACK -黒の契約者- 第6話
色々わかるかと思いきや、あんまりわかりませんでしたねぇ。
とりあえず「アンバー」という人物(だよね?)がキーになってきそう。
ていうか南米、もうないんだw


さて、今話を見た上で注目すべきは、当然ヘイと組織との関係でしょう。
ヘイは組織の命に背いてハヴォックを拉致し、情報を引き出そうとしたわけですが、
それに対していささかの躊躇も、というか罪悪感がないですよね。
彼の個人的な目的、恐らく妹の行方を知ること只一点だと思うのですが、
その前では組織の理念などペラッペラの紙みたいなものなのでしょう。

そして意味深なノーベンバーイレブンの言葉。
「彼女が記憶を取り戻すと色々と都合の悪い謎の組織が・・・」というのが
完全に的外れだってのは、さすがになしでしょう。構成的にもね。
ヘイの組織の中枢部がハヴォックをゲートに近づけたくないということは
既に明かされていたわけですが、どうやら保身のためのようですね。

整理すると、ヘイが組織に属しているのはひとえにそこに至るまでに都合が良いから。
そしてヘイ自身アタリがついているのかどうかは定かではありませんが、
その自分の居る組織の本丸こそが、最も重要な何かを知っている。
ともすれば、最も忌むべき相手であるかも知れない、みたいな?
そうなれば対立は避けられないでしょうし、インをはじめとした各キャラとの
関係図がどう変わるのか、実に楽しみです。


もうひとつ、やはり強く心に残ったのはハヴォックの死。
契約者としてではなく、人として在りたい、という強い思い。胸に響きますね。
で、そんな描写があったことで今までより更に浮き彫りにされたのがヘイの特異性。
聞けば契約者だというのに対価もなく、契約者となる前より感情豊かだというではないですか。
星が存在する、というのは既に明らかにされていますが、それでも訊きたくなってしまいます。

「お前、本当に契約者なのか?」



来週は萌える気満々。自分でハードル上げといて裏切るなよ?w

[PR]
by supermanchang | 2007-05-12 03:25 | Darker than BLACK
Darker than BLACK -黒の契約者- 第5話
なんかイギリスだったりアメリカだったり国連だったりと、
一筋縄ではいかない感じの、イコール簡単には死ななさそうな奴らがたくさん出てきましたね。
尤も、CIAのエージェントは全く画面に出てきませんでしたし、
恐らくサイモン達に出し抜かれたということになるのでしょうから、
現時点ではどうしても大したことなさそうなイメージを思い浮かべてしまいますが。
まあ天下のCIAですからね、きっと大物は後から現れるのでしょうw

さて本題。
ハボックをヘイ達に奪還されてしまったMI6の面々ですが、
彼らの立ち位置はどんな感じなんでしょうかね。
サイモンの言うことを額面通りにとってしまえばあまり主体性のない組織であると
いえそうですが、野心のなさそうな感じにはとても見えないんですよ。
少なくとも、このままパンドラの駒みたいな扱いになるとは思えません。
どっちかっつーと、あのエリックって奴の方が小物くさいですよね。
彼らの活動の理念は、今後大きく絡んでくるのではないかと。
こんなこと言っておいて来週あっさり退場したらどうしようw

そして、ヘイ達の組織が政治的な組織ではないことがはっきりしましたね。
しかも、マオが「余程ハボックをゲートに近づけたくないらしいな」と言っていたことから、
その理念は他の組織とは一味異なりそうな雰囲気。
かねてから「ただ依頼を受けてそれを遂行する組織」かもなと考えていたりしたのですが、
どうやらその可能性は低く、しっかりとした主体性を持っていそうです。
まあ、一枚岩であるかどうかはわかりませんがね。ヘイが早速勝手に連れ出してますし。

最後に、ヘイとハボックについて。
どうやらこのふたり浅からぬ縁があるようで。
ヘイの言う「あの時」とはサイモンが触れていた南米の「ヘブンズゲート」が
消失した時で間違いないでしょうね。てか「ヘブンズゲート」って何だ? 既出?
地獄と天国という大きな「対」だけに、他にゲートがあるのかと言われると
微妙な気もしますし、色々考えてしまいますね。
まあそれは置いておくとして、その時にヘイの妹が消えたようで。
この妹を巡るお話が、このストーリーの根幹ということになるでしょうし、
とりあえず次回の展開が楽しみですね。てか俺毎回こんな締め方ばっかりw



警察が活躍する日は来るのか。

[PR]
by supermanchang | 2007-05-05 03:28 | Darker than BLACK
Darker than BLACK -黒の契約者- 第4話
うーん、ご丁寧な説明が多い回でした。


まず、前回の感想で「モラトリアム」が「契約者」になるのかな、と書きましたが、別ものでしたね。
どちらかというと「ドール」に近いとのこと、重要度的には契約者に劣りそう。
ただ、絶対数がかなり少ないらしく、今後もどこかでキーになりそうではありますが。
そのあたりの数のバランスなんかが明らかになればちったあわかりやすいんだけど。


で、舞ちゃんは舞ちゃんでまた違った、相当なイレギュラーのようで。

田原さんは、ゲート内から持ち帰った「種」を使って契約者となってしまった娘を
モラトリアムへと変質してしまうリスクと引き換えに(これは結果的には、という感じですが)
通常の状態に留めておけるよう努めていた。新たな種を育てながら。
しかし、その努力もむなしくモラトリアム化、破滅への道を突き進むかと思いきや
田原さんとの一連のやりとりが引き金となってか最終的には契約者化。

マオの話から、前例のないことだということがわかります。
ゲート内から持ち出された「種」がふたつだけだったとしたら、
(というか展開、流れ的にその可能性が高いと思います)
彼女はある意味絶対的な存在だということになりますね。そりゃあ死なないわけだw
そんなキャラだとすれば、もうひとクセあるんじゃないかなー。
ともあれ、今後の立ち位置に注目ですね。


しかし、あの舞がモラトリアムから契約者へと変化したシーン、かっこよかったスね。
幼少期のシーンとリンクした「どうして?」に軽く震えた。
これからは火を使ったドンパチもありそうだし、楽しみだ!
このアニメ、戦闘が意外と地味ですからねw



歌が対価ってのも女の子らしくていいですのう。

[PR]
by supermanchang | 2007-04-28 03:14 | Darker than BLACK
トップ

アニゲ中心のいかんともしがたいブログですが、お暇つぶしにでもなれば。コメント、トラバ歓迎ですー。
by supermanchang
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
リンク&コンタクト
【mixi】

mixi

マイミク申請等お気軽にどうぞー。


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧