最新のトラックバック
楓の ネギま!ニュース ..
from 楓の箱リロLive対戦日記
ネギま!関連サイト巡回(..
from ネギま!部屋(楊さんのページ..
第69回優駿牝馬(オーク..
from 競馬雑記
お兄ちゃんの無念を晴らす..
from 不定期更新のスポーツニュース
【回顧】オークス・東海S
from 三連単を当ててみたいブログ
2歳女王が樫の舞台で再び..
from いちご一恵の勝ち馬日和
G? オークス 当たりま..
from お地蔵さまの寄り道
【きっどさんのG?反省会..
from しっとう?岩田亜矢那
[36、37連敗]ひなげ..
from 連敗爆進王の競馬放浪記
第69回 優駿牝馬の予想結果
from アミューズエイド
検索
ライフログ
野中藍 「ナミダノキセキ」
藍ぽんこと野中藍さんのサードアルバムの感想になります。
ファースト、セカンドは共に意外なほどしっかりとしたつくりで、
きっと持てる力を精一杯振り絞って歌ってくれたのだろうということが
容易に想像できたものですが、一年三ヶ月ぶりの今作はいかに。
ていうか、ふたつ良盤が続いてもどうしても心配になってしまうw

まずは恒例、ジャケットから。

e0058207_3194275.jpg

これは可愛いでしょ!!
買った後でゲーマーズならポスターつくらしい
ということ知って、めちゃくちゃ後悔しましたもんw


内容についても。
なんつーか、二度あることは三度あるんですね。
今回も、前二作と同様非常に丁寧なつくりです。
作家陣をまたまた一新して新鮮味も十分ですし、
藍ぽんの声の魅力を改めて実感できることうけあい。
ファンなら聴いておかないともったいない出来だと思います。

サウンド的にはギターが耳に残ります。
王道J-POPのようなキャッチーさが色濃いです。
声優名義のアルバムというと、アニメから離れているといっても
やはりアニソンっぽいキラキラサウンドが多い印象なのですが、
これはホントにフツーの邦楽アルバムに近いつくり。
それだけにシングル曲がとんがってる感じを受けますが、
逆に言えばアルバム曲がしっかりしてるのかなー、みたいな。

なんかグダグダになってきましたが、
シングルが不発気味でアルバムで挽回、というのが
藍ぽんアルバムのパターンなのかな、とか言ってみたりw

あと、引越しでコンポしまっちゃってパソコンで聴いてるので
音質とかはよくわかりませんが、まあ元からわからんしw
そっちは後々、新居でじっくり聴いて自分なりに判断しようかな、と。


以下、一曲ごとの感想になります。


01,CACAO85

サビ前のワンクッションが素敵。
気分が静かに高揚していく感じで、妙にマッチしてる気がします。
少し始まりが大人しく、何となく前作のオープニングチューン
「アンダンテ」と比べてしまって拍子抜けしてしまいましたが、
通して聴くと何となく納得できたりして。

いや、でも淡白だよなぁw


02,あ・り・え・な・い!

逆にコレはこの位置がすごくしっくりくるのね。何でだろ。
裏弾きに管楽器と、スカ的なお洒落な音が満載な曲ですが、
疾走感があり、ダイナミックなステージが期待できそう。

あと、キーが藍ぽん向きの低さ。作曲者さんグッジョブ。


03,アマノジャク

サビで噛まねーかなー、とか余計な心配をしてしまいますよねw
上で「J-POPのような」と書きましたが、このあたりのナンバーは
そんなにおいが特に強いな、と個人的には思ったりします。
非常に聴きやすくてさわやかで、好感が持てます。

どうでもいいけど、PVにするなら
この曲よりも「あ・り・え・な・い!」にしてほしかったなぁw


04,Maybe?

うーん、まったり曲。

どうでもいいけど、歌詞カード見てると
この曲の詞だけヨコが揃ってない部分があるのね。
作詞家のこだわりかなんかだろか。


05,恋のミュージアム

コレね、あんまり好きじゃないんだよねぇww
ぶっちゃけて言うと、あまりにも波がなくてすーぐ舟こいでしまう。


06,NO DREAM × NO LIFE

一転ハイテンションな曲。
ていうかイントロの「ダカダダカダダン」ってとこさ、
センチバのサニーデーを思い出さずにはいられませんよね。
それはさておきライブで楽しいんではないかと思います。


07,チアルーガ!

先行シングルの一発目ですが、
そのCDのジャケットの藍ぽんが可愛くてねぇ。
昨冬のイベントで、物販で買い物したお客さんに
先行シングル三枚のポスターのうち一枚をプレゼント、
っていうのがあったんですけど、迷わずこの曲のポスターにしました。


08,ひとりぼっち

サビ後半のメロがお気に入りです。
それだけに、この曲に限ってはもう少し歌録り頑張ってほしかった。
ちょっと酷な物言いだとは思うんですけど、ね。

ともあれ、ライブでどう歌い上げてくれるのか今から楽しみ。


09,キラリ

いかにもアルバムの後半の曲、という感じ。
しかしこの曲の作曲者のオオヤギさん、ジャニーズ御用達なんですね。
嵐の「とまどいながら」とか、結構好きだったなぁ。サビしか知らんけど。


10,ウレシ泣キ

コレもシングルですけど、そんなに印象良くないw
テロテロギター一本勝負、って感じで、なーんか軽いというか。
でも、スピード感があるのでライブでは楽しいです。


11,どんなときだって~ありがとう

シンプルなミディアムナンバー。
いかにもアルバムのラストを飾る、という趣の曲ですが、
そういや「しあわせのいろ」のラストは・・、なんて思い返してみたりw

シークレットの「ありがとう」は
野中藍作詞のアロハーな一曲。
最初に通して聴いた時はライナー見てなかったんですけど、
これは恐らく藍ぽんが書いたんだろうな、なんて思ったりw
まあ、言いたいことはストレートに伝わるな、とだけ。



お気に入り:「あ・り・え・な・い!」「ひとりぼっち」
イマイチ:「恋のミュージアム」



自分的にはシングルの出来がイマイチ気に入らなくて、
神通力もここまでか、と危惧していたりしたのですが、
まったくもって失礼な話でございましたw

やっぱり歌唱力はまだまだなんですよ。
それでも、藍ぽん本人も周囲のスタッフも
ベストを尽くしているのだろうということがわかります。
言ってしまえば僕的には彼女の歌に求めるのはその一点だけですし、
それだけで、買ってよかったと思うわけです。

次のシングル、アルバム、というのはさすがに気が早いですが、
まずは間近に迫った桜の季節のライブを楽しみにしたいと思います。


ナミダノキセキ(初回限定盤)(DVD付)
野中藍 / / キングレコード
スコア選択:





あとは売り上げが上がってくれれば。目指せ前作以上!

[PR]
by supermanchang | 2008-03-12 03:22 | アルバム感想
<< ファルコンS 弥生賞結果 >>
トップ

アニゲ中心のいかんともしがたいブログですが、お暇つぶしにでもなれば。コメント、トラバ歓迎ですー。
by supermanchang
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク&コンタクト
【mixi】

mixi

マイミク申請等お気軽にどうぞー。


人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧