最新のトラックバック
楓の ネギま!ニュース ..
from 楓の箱リロLive対戦日記
ネギま!関連サイト巡回(..
from ネギま!部屋(楊さんのページ..
第69回優駿牝馬(オーク..
from 競馬雑記
お兄ちゃんの無念を晴らす..
from 不定期更新のスポーツニュース
【回顧】オークス・東海S
from 三連単を当ててみたいブログ
2歳女王が樫の舞台で再び..
from いちご一恵の勝ち馬日和
G? オークス 当たりま..
from お地蔵さまの寄り道
【きっどさんのG?反省会..
from しっとう?岩田亜矢那
[36、37連敗]ひなげ..
from 連敗爆進王の競馬放浪記
第69回 優駿牝馬の予想結果
from アミューズエイド
検索
ライフログ
ネギうた大賞2007
「鈴きん的。」さんで実施中の「ネギうた大賞2007」に参加してみようかと。
最近あまりにも競馬の記事しか書いてないことに気付いたので、
フォームでも投票できるにもかかわらずあえてココで書いてみます。


詳しくはこちらを。



端的に言ってしまえば、今までに発表されたネギまの歌
全部ひっくるめての人気投票ですね。2007と銘打ってはいますが。
まあその方が考え甲斐がありますし、集計結果や他の方の投票理由を見るのも楽しみ。


以下、僕のランキングです。
特別音楽的素養があるわけではないので、そっちはそこそこに
その曲との出会いであるとか、歌い手さんについてとか、時には脱線してみたりとか、
良く言えば思うがままに、悪く言えば考えなしにgdgdな感じでw


5位 : 雨上がりの天使(09)

最初期の連続リリース群から選ぶならコレかなぁ。
なんつったって作曲がTMNの木根ですからね。木根。
聴いた当初はキャラソンに免疫がなかったので、
クレジット見て目ぇ飛び出るかと思うくらいおったまげました。
それからアニソン、キャラソンを聴く機会が増えて、そのなかで
リンドバーグの面々やら恩ちゃんやら、色々なビッグネームの名前を
見る機会はあったけど、この時ほど衝撃を受けたことはありませんでした。
まあ、後で調べたら椎名へきるにめちゃくちゃ曲提供してたことが発覚したわけですがw

あー、曲について何も書いてませんね。
TMNのエースライターと言えば勿論誰が何と言おうと小室哲哉なわけで、
木根さんの曲なんてタイトル見ても思い出せなかったりしますが、
少なくともシンセサイザーの寵児と言われたTMNらしさは前面には出ていません。
むしろギターの音が印象深い、正統派なスローナンバーに仕上がっています。
個人的にはサビのベースが心地よくて、当時はよく聴いたものです。

しかし最後まで、ネギうたの、というよりは木根の話だったな。


4位 : Go!Go!マイスターズ(54)

iTunes配信組からだったら文句なしでコレ。
別に各群から一曲ずつ、とかいう考えがあるわけではないですけど。

この曲はイントロからサビまで全部好きです。
ちょっと要らないんじゃないかな、と思うような音が潜んでたりもしますが、
インパクト大のイントロやAメロ終盤からBメロに入る流れなど、好みの音のオンパレード。
サビなんて部屋でひとりで聴いてても一瞬で高まってしまいそうになります。
実際プリフェスでも周りとは違う曲聴いてるんじゃないかってくらい盛り上がってしまったしw
ただ、後でDVD観て、何でもう少しでも前の席じゃなかったんだろうという無念が。
あんな可愛らしいステージを間近で観ていたらどうなっていたことやらww

歌っているお三方は卓越した歌唱力を持っているとは言いがたいですが、
不思議と心地よいハーモニーを織り成してくれるんですよね。
いつの日か、この三人が揃って歌っているところを見てみたいものですが。

あと最後に言いたいことがあったんだ。
音源もってないから、この曲がベスト入らなかったのは実に痛い。
ホント、当選確実の『マジカルハピネス☆』に入れてる場合じゃなかったよw


3位 : らぶ☆センセイション(33)

ライブでの超絶神っぷりが喧伝されがちな曲ですが、
それはやっぱり曲自体が素晴らしい出来だからこそなわけで。
笛づかいなど遊び心に溢れた音群のなかにあっても
しっかりと軸として主張するギターサウンドが最高です。
作曲者の横山さんは、作っててホントに楽しかったんじゃないかなぁ、と。
いや、作曲者の心理なんてわかりゃーしないけどさw

そういえばこの曲、リミックスバージョン二種がシングルカットされてるんですよね。
僕はどっちも買わずにニコニコでニ、三度聴いただけなのですが、
やっぱりオリジナルバージョンの方が完成度が高いと思います。
音質が違えば印象も変わるかもしれませんが、特にネギ&明日菜バージョンの
テロテロテロって感じのギター、あんまり好みじゃないんですよね。
藍ぽんの「ウレシ泣キ」もそんな感じの軽ーいギターが軸でちょっとしょんぼりでした。

や、閑話休題。ライブの話でもしましょうか。
プリフェスでの盛り上がりは凄かったですよね。
完全にここから皆スイッチ入ったもんなぁw
振りも可愛くて、いまだにDVDでよく観てます。


2位 : 『マジカルハピネス☆』(34)

イベントで上映されたアニメのEDで初めて聴いた時に鳥肌が立ちました。
ご存知の通り「1000%BOX」に収録されるまでに結構なタイムラグがあり、
さすがに自分の中で美化されている部分もあるだろうと思っていたのですが、
全然そんなことなく、むしろ初めて聴いた時以上に感動してしまいました。

何がそんなに良いかと訊かれても正直上手く答えられないのですが、
とにかく音の質感がこれでもかってくらい好みなんですよ。
リズムの軽快な響きもそうだし、サビの叙情的な音群もそうだし、
もちろん歌メロもそうだし、もうすべてが心地よくてたまりません。
個人的にはラスサビ前の「タッ・タッ・タッ・タッ」って打ち込み、超やばい。
あれだけで酒の肴になります。ていうかこの書き方で伝わるんだろうかw

歌っているのは能登さんなわけですが、
正直、歌唱力という点ではネギま声優の中でもアレな方です。
ただ、声質の大きさ、というか重要性はものすごく実感できますよね。
実際この曲だって、他の人が歌っているのを聴いてみたいとは思いつつも
完全に自分の中で能登ボイスと一体となってしまっているわけで。

ネギまのイベントで一番心残りなのは、
一度たりともこの曲を生で聴く機会を与えられなかったこと。
逆に言えば、それさえ叶えられれば本当に何の未練もないです僕はw


1位 : ハッピー☆マテリアル(24)

ベタでごめんなさいwww

いや、曲だけで言ったら断然マジカルの方が好きなんですよ。
ただね、この曲がなかったら他のネギうたとの出会いもなかったかも知れないし、
一切のイベントに参加していなかったかも知れないんですよ自分の場合。
もともと、この曲が聴きたくて大麻帆良祭に参加したわけですから。
そう考えると、どう転んでもこの曲を1位にせざるを得ないんですよね。
俺も大概ロマンチックな奴だぜ、なんて思いつつもw

元がいいのでどのバージョンも好きですが、
強いて言うならやはりすべての始まり、1月が一番でしょうか。
以前にもどこかで書きましたが、僕はこの曲によって
声優というものの自分なりの楽しみ方を見出しました。
ボーカルの親和性なんかは他のバージョンに劣るかもしれませんが、
個性的な6つの声の生みだすハーモニー、今聴いてもいいなぁ、と。

あとは、やっぱりハピマテといえばライブですよね。
初体験で楽しめるのかという開演前の不安を吹き飛ばしてくれた幕張でのメドレーから
パシフィコでのラストパフォーマンスまで、すべてが最高でした。
「ハッピー☆マテリアル」、ホントにその名に偽りなし、ですわ。


ハイ、予想外に長々と書いてしまったわけですが、いかがでしたでしょうか。
最初木根のことばっかり浮かんできた時にはどうしようかと思いましたが、
全体としてはそこそこ色んなこと詰め込んでまとめることができたのではと思っています。

しかし、ノミネート曲を眺めてて改めて思ったんだけど、いい曲多いよなぁ。
[PR]
by supermanchang | 2007-10-23 01:58 | 魔法先生ネギま!
<< スワンS 菊花賞結果 >>
トップ

アニゲ中心のいかんともしがたいブログですが、お暇つぶしにでもなれば。コメント、トラバ歓迎ですー。
by supermanchang
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク&コンタクト
【mixi】

mixi

マイミク申請等お気軽にどうぞー。


人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧