最新のトラックバック
楓の ネギま!ニュース ..
from 楓の箱リロLive対戦日記
ネギま!関連サイト巡回(..
from ネギま!部屋(楊さんのページ..
第69回優駿牝馬(オーク..
from 競馬雑記
お兄ちゃんの無念を晴らす..
from 不定期更新のスポーツニュース
【回顧】オークス・東海S
from 三連単を当ててみたいブログ
2歳女王が樫の舞台で再び..
from いちご一恵の勝ち馬日和
G? オークス 当たりま..
from お地蔵さまの寄り道
【きっどさんのG?反省会..
from しっとう?岩田亜矢那
[36、37連敗]ひなげ..
from 連敗爆進王の競馬放浪記
第69回 優駿牝馬の予想結果
from アミューズエイド
検索
ライフログ
ネギま! 157時間目感想
先日、友人が亡くなりました。
交通事故で、集中治療室での二週間にもわたる闘いを終えての旅立ちでした。


お見舞いに行って顔をあわせても、
あと二、三日がヤマだと聞かされても、
通夜で死に顔を覗いても、ピンときませんでした。
死んだ、ということはとっくに理解しているのに、
そいつがもうどこにも居ないということと、上手くつながらなかったのです。

そんな状況に置かれると、やっぱり考えてしまうものなのですね。
過去に戻って食い止めることができれば、と。

勿論そんなことはできるわけもなく、
そんな想像をするたびに、当たり前に手にすることができていたはずの
平凡な幸せの後に、麻酔が切れた後のような鈍い痛みを味わうだけでした。


しかし超鈴音にはそれができます。
恐らく相当な努力をしたのでしょう。自分の大切なものを守るために。
その努力を、想いを、どうして否定することができましょうか。
彼女は精一杯、未来へ向かって歩いています。
ただそこに、タイムスリップという傍目からみると
厄介なシステムが介在しているだけです。

だから、今回ネギ君が吐露した心情というのは、
ごくごく当たり前の考えのもとに導きだされたものだと思います。

「僕が‥‥ みんなと一緒にいたいと思うこと‥‥
  それも‥‥ ワガママだとは言えないでしょうか‥?」

世界は個人の意思の総和なのです。
意志の強さが直接的に影響してナンボなのです。
(もちろん能力や抑止力などの他のファクターが重要になってくるけど)



…と、ここまでが今回の展開に沿った僕の考え、というか思いです。
ですがまさかこのままチャオと安易に結託なんかするわけないでしょうから、
夕映との対話のなかに、もうひとつヤマがあるのではないかと思います。
あるいは、可能性は低いと思いますが、夕映との話はここまでで、
ネギ君がチャオを組み伏せた後に歴史改変とは違う解決策を提示するのかもしれません。

が、いずれにせよ歴史改変は止められるはず。
だとすると、どうやってチャオを止めるというのでしょうか。


また先の友人の話です。
上で「ピンとこなかった」、と書きましたが、
今はもう自分なりに消化しています。
きっかけは何でもないことでした。
洗濯物を干していた時、目に入った青空と彼の死に顔が、
何故だかさっぱりわからないけどリンクして、
「あいつはもうこの空を眺めることができないんだな」と思った。
ただそれだけのことで、どうしようもなくなってしまいました。
なんだか間抜けな話のように思われるかもしれませんが、
そんなものかもしれないな、と実感しております。

仮に僕がタイムスリップをすることができたとしましょう。
当然、当日の事故を止めようとするでしょう。
多分職場を多少無理やりにでも訪問して、
二、三分でも引き留められれば防ぐことができると思います。
そして僕は本来いるべき場所に戻ってきます。
そこでは、何の問題もなく彼と会うことができるでしょう。
しかし、僕のなかでは既に彼は死んでいます。
僕だけのなかで、死んでいるのです。
…これ、意外と耐えられないかもしれませんよ。


当たり前ですが、タイムスリップした本人にとっては、それは将来の出来事です。
しかし、それ以外の人間にとっては違います。遡及して改変されます。
つまり、改変後の世界に居るべき自分と、改変して戻ってきた自分との間には
場合によっては物凄いギャップが発生することになります。
僕の例でいうと、友人が死ぬことの味を知らない僕と、
友人が死ぬことの味を知ってしまった僕という風な感じです。

…ある意味、凄く怖くないですか?

また一緒に酒でも飲んで下らない話をしたい。
でも、卑しくも友人の死を経験した自分にも価値を見出してしまう。
前者に重きを置くことは、自分の一部を切り捨てることです。
そんな世界で、精神を維持すること。実は難しいことなのでは、と想像してしまいます。


チャオの往く手を阻む権利は、誰にもないと思います。
 ※訂正:往く手を阻む権利はありますよね。それだって個人の意志なんだから。
   ここは、彼女の信条とそれに伴う行動は少なくとも
   絶対的に保障されているべきある、ということが言いたかったのです。
   抑止力などの入り込む前の段階の話ですね。
マクロの視点から見た歴史を変えることの忌避性よりも、
個人の意志が優越するのが当然だと、少なくとも僕は思っています。
だから、チャオを止めうるのは、そんな世界が云々のかっこいい理由ではなく、
彼女が全てを成し終えた後に広がる世界のイメージではないかと思うのです。
そこに生まれるかもしれない虚しさに、あなたは堪えられるのか、と。



【追記】
・・・しかし今回暗い話で申し訳ないね全く!
改めて読んだら陰気くさくて眩暈がしましたよ。
今回、感想読ませていただいたブログさんでトラバフリーと明記してある
処にはすべてトラバをしてみたのですが、何だか申し訳なく思えてきたw




今更登録してみました。よろしければ押してやってくださいまし。

[PR]
by supermanchang | 2006-11-22 13:41 | 魔法先生ネギま!
<< ジャパンカップダート 野中藍 「あいのうた」 >>
トップ

アニゲ中心のいかんともしがたいブログですが、お暇つぶしにでもなれば。コメント、トラバ歓迎ですー。
by supermanchang
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク&コンタクト
【mixi】

mixi

マイミク申請等お気軽にどうぞー。


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧